人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年2月25日

サンウルブズ、豪州代表ズラリのワラターズと大熱戦。スーパーラグビー2019

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line
ヘイデン・パーカー

ヘイデン・パーカー

世界最高レベルのプレースキッカー、SOヘイデン・パーカーがゴールキックを決めて7点先制。しかし直後にキックスミスをCTBカートリー・ビールに捕球され、すぐ同点(7-7)に追いつかれてしまう。

しかし前半14分、会場を沸かせたのが、先週のシャークス戦では劣勢だったスクラム。

自陣ゴール前の相手ボールスクラムという窮地でスクラムを押し、見事なターンオーバー。ペナルティ奪取から速攻し、敵陣でのPG加点(10-7)につなげた。

「(ターンオーバーした1度目のスクラムは)上手くいきました。バインドのところでも乗らせなかったですし、先に仕掛けて、こっちが先を取れました。100点だと思います」(PR山下裕史)

サンウルブズのジョージア代表HOジャバ・ブレグバゼは「ハッピー」と珍しく笑顔を見せた。

「先週はシーズンのファーストゲームでしたし、お互いにフィーリングを合わせる必要がありました。今週はコミュニケーションを取り合って向上しました。とてもハッピーです」(HOブレグバゼ)

しかしワラターズは前半24分、29分に豪州代表FBイズラエル・フォラウが連続トライ。ワイド展開から多用するオフロードパスにも苦しめられ、10-17と逆転を許す。

負けられないサンウルブズは前半34分にPG成功で13-17と詰める。

すると前半38分、SH茂野海人のクイックスタートから、CTB中村のパスを受けたLOトム・ロウが抜けだし、SRデビュー戦でSR初トライ。3点リード(20-17)で後半へ向かった。

後半も熱戦は続いた。

後半4分にSOパーカーの左足でPG加点(23-17)したサンウルブズ。しかしワラターズも同8分にNO8ジャック・デンプシーのトライ(ゴール成功)で逆転。23-24とする。

さらにワラターズは後半22分、相手陣ゴール前のチャンスでスクラムを避け、ラインアウトからモール勝負でペナルティトライを奪う。23-31

ここで日本代表64キャップの37歳、トンプソン ルークがチームの反則の繰り返しによりシンビン(10分間の一時退出)に。

後半33分頃まで14人となるが、狼軍団は食らいついた。

シンビン中の失点はなく、逆に後半30分、7人で組んだスクラムからWTBファンデンヒーファーが抜け出してトライ(ゴール成功)を決めたのだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ