人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年11月23日

同志社、関西大学との今季最終戦で紺グレの意地を見せる。ラグビー関西大学リーグ

ラグビーレポート by 同志社スポーツアトム編集局
  • Line

大体大戦でフィジカルを生かしゲインする山口主将

11月25日(日)、鶴見緑地球技場 (大阪府)にて、関西大学ラグビーAリーグ第7節、同志社大学vs.関西大学が行われる。この試合はお互いにシーズン最後の試合。4年生も多数出場している中で、両チームの熱い戦いから目が離せない。

昨年の秋リーグでは豪雨の中、お互いにハンドリングエラーが多発し、ロースコアの展開となった。同志社は展開ラグビーを封じられ得点はわずか5点。5-19で関西大に敗北し涙を飲んだ。

今年の試合当日の予報は晴れ。天候のいたずらに左右されることなくお互い最小限のミスに抑えたい。そして、突破力のある同志社と関西大のディフェンスの対決はみどころだ。

関西大は昨年、3勝4敗で同志社と並び直接対決の結果で関西5位に終わった。今年は開幕から天理大と対決し、7-116と100点ゲームで王者に敗北。

そこから続く5試合、関西学院大学や京都産業大学を苦しめながらも5連敗と6つの黒星を重ね入れ替え戦が決定している。主将であるHO(フッカー)西勇樹を中心に堅いディフェンスで1勝をつかみたい。

アタックの起点となるのは、今年の関西選抜にも選出された副将のSH(スクラムハーフ)木下皓太だ。積極性のある早い仕掛けとテンポのいい球出しでリズムのある攻撃を作り上げていく。

相手のディフェンスに対してゲインできず、なかなか得点へと結びつけることができなかった関西大だが、木下を中心にSO(スタンドオフ)渡辺祐介やCTB(センター)津田剛希などBK(バックス)陣でボールを展開しトライへつなげる。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧