人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年11月13日

立命館、昨年2位の京産大を破り1敗をキープ。ラグビー関西大学リーグ

ラグビーレポート by 立命スポーツ編集局
  • Line

「去年の借りを返す」。中林監督の一言にプレーで応えた選手たち。立命館大学は大学選手権に向けて大きな1勝を掴んだ。

11月10日に天理親里ラグビー場で行われた関西大学ラグビー第5節。ここまで3勝1敗の立命館は、4連勝と波に乗る京都産業大学との一戦を迎えた。

昨年関西リーグ2位の京産大。持ち味は強いFW(フォワード)。FWが活躍するモールやセットプレーなどが要注意のチーム。主導権を握るとパワーでトライを物にする怖さがある。

前節では同志社に10-24と敗れ、立命館は不完全燃焼で試合を終えた。その悔しさを払拭するかのように熱い試合が繰り広げられた。

立命のキックオフで始まった前半。何よりも大きかったのは京産大から先制点を奪ったことだ。前半2分、主将古川聖人(済4)が敵陣でャンスを作ると、流れるようなパスで左に大きく展開。

トライを決める木田

ディフェンスをかわし、ゴールライン手前で2対1と絶好のチャンス。ルーキーのWTB(ウィング)、木田晴斗(情理1)にパスが渡ると、そのままインゴールに飛び込んだ。立命スタンドが大きく湧いた。

さらにこの勢いに乗り、前半11分、22mラインまで攻め込まれた後、木田が走り陣地を取り戻すと敵陣22mラインから右に展開。

SO(スタンドオフ)吉本匠(スポ3)、CTB(センターバック)片岡涼亮(営3)、FL(フランカー)野村雅大(済2)がパスを繋ぐと、WTB(ウィング)藤井健太郎(済1)が見事にトライを決める。

インゴールに飛び込む藤井

2本トライを先制し、流れを掴んだように思えたが京産大も反撃に出る。立命のペナルティからラインアウトを成功させ、ゴール手前からそのまま押し込まれトライを奪われる。

さらに前半終了間際、自陣ゴール前で何度もスクラムを組み直し、押し込まれそうになるピンチ。しかし、これを見事に耐えきり、14-7で前半を終える。

このプレーを主将の古川は「自分たちのやってきたことが出せた、いけるなと思った」と振り返った。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ