人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年9月27日

同志社、昨季大敗した京産大に雪辱を果たせるか。ラグビー関西大学リーグ

ラグビーレポート by 同志社スポーツアトム編集局
  • Line

昨年は京都産業大学に19-73と54点差もの大差で敗れ、3勝4敗で関西リーグ6位に沈んだ同志社。

2年目となる萩井好次監督の指導のもと、能力の高い選手が揃うBK(バックス)と安定したセットプレーのFW(フォワード)とのチームワークで、伝統校の復活を目指す。

春季トーナメント京産大戦

関西大学春季トーナメントでは42-12で京産大へリベンジを果たし、慶應義塾大学との定期戦でも、主将のCTB(センター)山口修平(4年生)が3トライを決めて勝利。ディフェンスで手応えをつかみ、昨年からの成長を感じさせる試合となった。

夏合宿での全15試合の練習試合は全勝し、アタックでの伸びとディフェンスの課題を見つけた。これまでスクラムやディフェンスを課題として秋のリーグに向けて練習に取り組んできたが、徐々に実を結んでいる。

FWは関西選抜に選出された副将のHO(フッカー)平川隼也(4年)を中心にスクラム強化に取り組み、試合の中で修正していく力を身につけた。スクラムを強みとする京産大に対してPR(プロップ)黒澤桂(4年)や田中翔(3年)、栗原勘之(2年)など、幅広い層で対応していく。

ラインアウトでは1年生からスタメン出場を果たしているLO(ロック)堀部直壮に加え、同じ筑紫高校出身であるLO松野泰樹、さらに今年から頭角を現しているLO平澤輝龍(いずれも3年生)と層が厚い。

安定しているラインアウトを強みに、確実にボールをキープしてモールからのトライを狙う。

ディフェンスに関しては、低く相手に突き刺さるFL(フランカー)嶋晴也のタックルは侮れない。また、今年からレギュラー入りしているFL中尾泰星(2年)もしつこく相手に絡み、FLとしてしっかりと役割をこなす。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧