人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2024年2月17日

【Cycle*2024 UAEツアー:プレビュー】ホームレースでの覇権奪還を目指すUAEチームエミレーツ、ポイントは大会初日と2つの山岳か トップスプリンターの競演も見もの

サイクルロードレースレポート by 福光 俊介
  • Line
UAEツアー

UCIワールドツアーの第2戦、UAEツアー

シーズン序盤恒例の中東レース。アラビア半島の数カ国で熱戦が繰り広げられてきたが、UCIワールドツアーの第2戦に位置づけられる「UAEツアー」で“中東シリーズ”は終わりを迎える。

まだまだ冬の色が濃いヨーロッパとは異なり、昼間の気温は25度を超えようかという中東の環境は、ときに砂漠地帯特有の強風や砂塵が選手たちを苦しめることがあっても、長いシーズンの入口としてはコンディションを整えるのに十二分。例年2月下旬に催されるUAEツアーは、選手たちのエンジンもしっかり温まっている印象である。

自転車好きコミュニティサイト(無料)のお知らせ

  • 優勝者を予想する「サイクル誰クル?」のほか、メンバー同士が好きなテーマで話せる「トークルーム」、投稿された写真の中から辻啓氏が毎月優秀作品を数点セレクトする「写真部」、飯島誠氏によるオンラインライドイベントを開催する「宅トレ部」などコンテンツが盛りだくさん。

    サイクルビレッジ | J SPORTS【公式】

    優勝者を予想する「サイクル誰クル?」のほか、メンバー同士が好きなテーマで話せる「トークルーム」、投稿された写真の中から辻啓氏が毎月優秀作品を数点セレクトする「写真部」、飯島誠氏によるオンラインライドイベントを開催する「宅トレ部」などコンテンツが盛りだくさん。

J SPORTS オンデマンド番組情報

今年も毎ステージ、激しい戦いが見られそうだ。近年はスプリント・タイムトライアル・山岳のバランスが整い、脚質ごとのスペシャリストが力を発揮するとともに、総合力が試されるステージレースの趣きである。それは、2024年大会も変わらない。

第1ステージ(141km)は主催者発表では平坦にカテゴライズされているが、風やレース展開次第ではプロトンがいくつにも砕かれる可能性がはらむ。砂漠地帯をおおよそ45kmにわたって南進したのち、モリーブ砂丘のサーキットを2周回。砂丘では部分的に10%超の急勾配が潜む。フィニッシュ前500mも5.6%の上りだ。

個人総合争いが本格的に動き出すのは、第2ステージからか。3500人収容のヴェロドロームが置かれ、2028年にはUCIグランフォンド世界選手権が開かれるアル・フダイリヤット島での12.1km個人タイムトライアル。いくつかの直角コーナーと2度のヘアピンコーナーがあるものの、総じて高速コース。有力選手間の大差は生まれないかもしれないが、数秒のタイムギャップが後の展開に影響を与える。

今大会1回目の本格山岳は第3ステージ(176km)。大会の名物であるジェベル・ジャイスの頂上を目指す。約20kmに及ぶ長い上りで、平均勾配5.6%。フィニッシュ前2km地点で最大勾配9%を数える。

ビッグシティのドバイを行く第4ステージ(175km)は、スプリンターが主役。美しいドバイハーバーにフィニッシュラインが敷かれる。続く第5ステージ(182km)は、再び砂漠地帯へ。中盤以降は針路を複数回変えることから、風を使ったチーム単位での動きが見られるかもしれない。最終日前日の第6ステージ(138km)は、首都アブダビの市街地をめぐる。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サイクル ロードレースを応援しよう!

サイクル ロードレースの放送・配信ページへ