人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

WWE コラム 2021年12月9日

どこよりも先に2021年のWWEを振り返る!WWEウォッチャーとして勝手に表彰式!

浅越ゴエの今こそWWE推し! by 浅越ゴエ(ザ・プラン9)
  • Line

2021年ももう終わろうとしている。年初のWWEはまだ無観客での試合を放送していたが、今や観客の歓声が当たり前の様に飛び交い、確実に時代が進んでいることを感じさせる1年だった。そして、今年もたくさんの興奮を届けてくれた!

ということで、一足早いが、2021年のWWEを振り返って私、浅越ゴエが勝手に部門賞を設けて勝手に表彰していきたいと思います。もちろん今年も審査員は私1人です!

リコシェ選手

●ベストスカイハイ賞(素晴らしい空中技を披露した選手に贈られます)

受賞者は…(皆さんの中でドラムロールお願いします)…リコシェ選手です!

マネー・イン・ザ・バンク戦で、ラダーの上から落とされたものの、トップロープに着地し、その後場外に一回転してダイブし、場外にいた4人をまとめてやっつけたシーンは唸るしかありませんでした。ロープの反動を利用してからのキレが素晴らしく受賞につながりました。

●ベストカムバック賞(印象に残る復活を遂げた選手に贈られます)

受賞者は……ナオミ選手です!

サマースラムで電撃復帰したベッキー・リンチと票を争いましたが、ナオミが見事競り勝ちました。ナオミはロイヤルランブル戦で完全に場外に落ちたものの、背中から落ち、両足は付いていなかった為、失格は免れました。その後たまたま垂れてきたビアンカの髪の毛を「蜘蛛の糸」の様に掴み、そのままリング復帰を果たすという驚異のカムバックを果たしました。多くの人が「諦めない大切さ」を学んだこのシーンで受賞が決まりました。

●序盤に心配させ過ぎで賞(試合中は心配の連続だが、一味違う心配をさせた選手に贈られます)

受賞者は……ドミニク・ミステリオ選手です!

スマックダウン#1121で場外のサミ・ゼインめがけてスーサイドダイブを敢行したところ、勢い余って実況席に顔面から突っ込んでしまった様は見る者全てをただただ心配させました。しかも試合の序盤で、「これからどうなるの?」と思わせましたが、その後も動きは衰えず、素晴らしい技を連発し、結果的に彼のタフさを見せつける試合となりました。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
WWEを応援しよう!

WWEの放送・配信ページへ