人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

WWE コラム 2021年11月11日

ベッキーって倒せるのか?そしてこの秋からは、あえてこの男に注目している!

浅越ゴエの今はビアンカ・ブレア推し by 浅越ゴエ(ザ・プラン9)
  • Line

ベッキーが盤石だ。

今年の上半期最もキャリアアップした選手のビアンカ・ブレアがサマースラムを機にベルトから遠ざかっている。王座を奪ったベッキー・リンチに歯が立たない。

ベッキー・リンチ

ビアンカのファイトスタイルは変わっていない。派手な外見もマイクパフォーマンスの挑発具合も引き込まれる。それでもチャンピオンにはなれない。ベッキーが強過ぎるのだ。産休を経てここまで強くなるとは脱帽である。そして産休前よりも老獪になった気がする。ロウ#1484で行われたロウ女子王座戦でもビアンカの決め技KODの防ぎ方が実に狡猾で痛快だった。ビアンカがトーチャーラックの体勢で持ち上げたものの、ベッキーはロープを掴み動きを封じ、しかもターンバックルを剥がす。金具むき出しのコーナーにビアンカをぶつけ、レフェリーのブラインドを突いてタイツを掴んでのフォール勝ちで防衛。完全不利な状態から、一気に勝利まで手繰り寄せる老獪さを身に着けたベッキーに死角なし。年内に破る選手は現れないのではないかと思ってしまう。でも、個人的にはリヴ・モーガンに期待していますよ。ベルトを奪えずとも存在感が出るとこれからが頼もしい。

もう1人、気になっている選手がいる。それは、Tバーだ。

あまりメインシーンには登場しない。そしてあまり勝つ印象も無い。しかし、なんだか無視できない。ドラフトを経てこの秋からはシングルに転向し、私の中では期待度が増している。なんといっても体格がいい。身長が高く脚も長く、パワーもある。気迫もみなぎっている!

ダミアン・プリーストとの反則裁定無しのノーDQ戦では負けたものの輝いていた。ケンドースティックでの殴打シーンはスティックが壊れるほどの暴走で目を見張るものがあった。更に場外に設置したテーブルへ投げられた時の迫力が特に素晴らしかった。テーブルのど真ん中に背中から落ち、テーブルが四方八方に飛び散っていく様は圧巻だ。テーブルが真っ二つに割れるシーンはよく見るが、あんなに木片がはじけ散ることはなかなか無い。ビデオで3回見直した。

いや、待てよ、これは投げたダミアンが凄いのか?まあ、それはそれとして、きっかけ次第で浮上してくると面白い存在になりそうだ。

浅越ゴエ(ザ・プラン9)

高校時代からプロレスファンであり、15年前からWWEを毎週視聴。プロレス好きが高じて、「新吉本プロレス」の実況も務めた経験もある。また2014年から不定期で、「WWEジャパン」「J SPORTS」公認のWWE講座を主催している。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
WWEを応援しよう!

WWEの放送・配信ページへ