人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

WWE コラム 2021年10月14日

ベルトねじれ現象はどうする?サーシャがベッキーに勝つと大変な事態に?

浅越ゴエの今はビアンカ・ブレア推し by 浅越ゴエ(ザ・プラン9)
  • Line

WWE恒例のドラフトが終了した!

ビッグ・E

前回、「ニュー・デイが3人体制に戻った!」と喜んで書いたが、あっさりと再び分裂状態になってしまった。WWE王者のビッグ・Eはロウに、コフィとウッズはスマックダウンに属することに。なんとも残念。こういうところが憎くて粋なWWEだ。またPPV大会等のバックステージで3人が仲良く絡むシーンが放送されるのを楽しみにしておこう。

ドラフト後の新体制は10/22から適用されるとのこと。それまでにチャンピオンベルトが綺麗にロウとスマックダウンで振り分けられた状態になるのか、密かに、注目している。

ベッキー・リンチ

スマックダウン女子王者のベッキー・リンチがロウ所属に。ロウ女子王者のシャーロット・フレアーがスマックダウン所属に。このままいくと各ブランドのチャンピオンベルトがねじれ状態になる。21日のサウジアラビア大会までにそれぞれの所属の選手がベルト奪取すれば、このねじれ問題はすんなり収まるが、ベッキーとシャーロットがこの短期間に両者負けるとも思えない。そんな中、可能性として一番興味深いのはどちらかに2本のベルトが集中するパターン。例えばサーシャ・バンクスがサウジアラビアで王者になれば、スマックダウンに二人の王者がいることになる。こうなると、「サバイバー・シリーズ」大会ではロウの女子達はベルトを取り返すべく、かなり白熱するだろう。

しかし、仮に何の動きも無くねじれ現象のまま22日を迎えたとしても、心配は杞憂に終わる可能性はある。遺恨なく綺麗に解決する策があるのだ。それは「交換」だ!実際、以前ロウタッグベルトとスマックダウンタッグベルトを交換して解決した「実績」がある。何事も闘いで解決する世界において交換で解決した時は、虚を突かれて思わず噴き出したことを覚えている。こういうところがなんとも憎くて粋で良い!

ちなみに男子の方はベルトにブランド名が無いのでねじれ現象にはならないのだが、どちらかのブランドにベルト2本が集中することはありえる。ビッグ・Eがスマックダウンに移籍するマッキンタイアにベルトを奪われる可能性もある。ユニバーサル王者のレインズはフリーエージェントのレスナーと戦う。

ベルトをどちらのブランドの選手が手にするか注目して観戦するのも面白いのではないだろうか。サウジアラビアでの「クラウン・ジュエル」大会の行方に目が離せなくなってきた!

浅越ゴエ(ザ・プラン9)

高校時代からプロレスファンであり、15年前からWWEを毎週視聴。プロレス好きが高じて、「新吉本プロレス」の実況も務めた経験もある。また2014年から不定期で、「WWEジャパン」「J SPORTS」公認のWWE講座を主催している。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
WWEを応援しよう!

WWEの放送・配信ページへ