人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

WWE コラム 2021年7月21日

五輪は無観客だが、WWEでは遂に復活、有観客でのツアー開始!

浅越ゴエの今はビアンカ・ブレア推し by 浅越ゴエ(ザ・プラン9)
  • Line

普段は日本語字幕放送を楽しんでいるのだが、Finally、1年以上ぶりに、ツアーに出てお客さんのいる中で試合が行われるとあって、自分の視聴スタイルを変えて英語放送を観ることにした。今年のレッスルマニアこそ有観客で行われたが、ロウやスマックダウンが有観客で行われることに「前進」を感じずにいられない。ということで、「マネー・イン・ザ・バンク」大会の2日前であるスマックダウン#1143の放送を不慣れなヒアリングで喰らいついた。

マネー・イン・ザ・バンク

まずオープニングの映像にやられてしまった。ビアンカから始まる在りし日のWWE。観客と選手が一体となったある種のグルーヴ感。当たり前だったものが懐かしく感じてしまう。そんな胸に迫る映像からテキサス州ヒューストンの会場が映し出されると、そこにはかつての「当たり前」が広がっていた!大歓声の観客の前に会長が現れ、小粋な挨拶で場を沸かせる!続いて登場したユニバーサル王者、ロマン・レインズが登場するが、ゆっくりと、ゆったりと、存在感たっぷりに、歩みを進めていく。サンダードームでは見られないゆっくりとした入場シーンに感動を覚えてしまう。大満足のスマックダウン!皆さんにとってはいかがだったろうか?最後まで観たけど、一応字幕版も観よう。

そしてこの日のスマックダウンを経て「マネー・イン・ザ・バンク」が行われる。こちらは、現地での試合は終わっているが、J SPORTSオンデマンドでの日本語実況放送が7/21、日本語字幕放送が7/25からあるので楽しみだ!

以前のコラムで男子版の優勝予想はしたが、果たして当たっているのか?中邑選手も出場するだけに注目度は高い!アスカの連覇がかかる女子版も混戦模様。スマックダウンサイドではリヴ・モーガンの闘いっぷりに注目したい。かつてのドラフトで単独指名を受けていたので評価は高い選手。飛躍するチャンスを掴めるか。

そして王座戦の数々!注目はロマン・レインズに立ち向かうエッジ。かつてのマネー・イン・ザ・バンクの代名詞と言えばエッジだった。そのエッジが同名の大会で王座戦に挑むというのがまた面白い。若きロウ女子王者リア・リプリーが女王シャーロット・フレアーを迎え撃つ試合もどうなるか分からない。前哨戦でお互い汚いやり口で攻撃し合ってるだけに、王座戦もスマートには進まないだろう!

さあ、観客の声援込みの激戦を見届けよう!

浅越ゴエ(ザ・プラン9)

高校時代からプロレスファンであり、15年前からWWEを毎週視聴。プロレス好きが高じて、「新吉本プロレス」の実況も務めた経験もある。また2014年から不定期で、「WWEジャパン」「J SPORTS」公認のWWE講座を主催している。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
WWEを応援しよう!

WWEの放送・配信ページへ