人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

WWE コラム 2021年6月3日

中邑真輔が狙うのは「ベルト」より「王冠」か?街中での王冠姿がなぜか自然!

浅越ゴエの今はビアンカ・ブレア推し by 浅越ゴエ(ザ・プラン9)
  • Line

「レッスルマニア・バックラッシュ」が終わり、WWEは抗争があちこちで勃発!相関図にしたら矢印だらけでややこしくなること間違いなしの状況!皆さんはどの抗争が気になりますか?

スマックダウン#1135で行われたIC王座をかけた4WAY戦は楽しみで仕方がなかった試合。王者アポロ・クルーズに対して、ケビン・オーウェンズ、サミ・ゼイン、ビッグEが襲いかかる!ウエイトの割にスピーディなメンバーなので期待値大。と同時に、まともには終わらないんだろうな、乱入あるんだろうなという危惧も感じつつ。こういう危惧感を持っている時に乱入無しで決まったら充足感が倍増するので、むしろ歓迎の危惧感だ。

で、結局、乱入で終わり…。

中邑真輔

ただ、乱入者は王者に付いているアジーズ司令官かなと思いきや、アリスター・ブラック!アリスターが見事な蹴りを決めてアポロの防衛をアシスト。今後の抗争の火種が順調に育ってきているのでそれはそれで良し!

同じくスマックダウンでは中邑真輔がキング・コービンの王冠を奪って街のあちこちで写真を撮りまくるという、なんだか微笑ましい抗争が勃発!どの写真も王冠効果で映え映えだ!今後もいろんな写真を期待してしまう。料理に力入れていると聞いたこともあるので、王冠をかぶって、涼しい顔して料理する映像を披露して頂きたい!王座の象徴は腰に巻くものばかりじゃない。王冠を巡る争いに目が離せない!

ロウで今一番気になる抗争は、ナイアとベイズラーとレジナルドの不思議なトライアングル関係。アスカ達の女子王座の争いや、わがままシェイマスに立ち向かう若手達や、マッキンタイアの王座への執念など、注目の抗争は数あれど、どうもレジナルドに惹かれてしまう。

「ずっと出てるけどお前は何者なんだ」感がたまらなく良い。

カーメラの専属ソムリエとして登場して流れ流れてベイズラーと遺恨の試合をするまでに。ナイア&ベイズラーに捨てられたとしても、このままいろんなチームを渡り歩いて欲しい。

中邑の王冠持ち係なんて似合うと思うんだけどなぁ。

浅越ゴエ(ザ・プラン9)

高校時代からプロレスファンであり、15年前からWWEを毎週視聴。プロレス好きが高じて、「新吉本プロレス」の実況も務めた経験もある。また2014年から不定期で、「WWEジャパン」「J SPORTS」公認のWWE講座を主催している。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
WWEを応援しよう!

WWEの放送・配信ページへ