人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

WWE コラム 2021年5月13日

「レッスルマニア・バックラッシュ」のWWE王座戦はストローマン推しだ!

浅越ゴエの今はビアンカ・ブレア推し by 浅越ゴエ(ザ・プラン9)
  • Line

今回からコラムのタイトルを変えます!しばらくの間、推しの選手をブラウン・ストローマンで行こうと思う!無論、次回の「レッスルマニア・バックラッシュ」でのWWE王座戦での活躍を期待してだ。

バックラッシュ

WWE王者ボビー・ラシュリーに挑戦者として挑むが、ドリュー・マッキンタイアを加えての三つ巴戦。パワー対パワー対パワーというとんでもない構図に楽しみが溢れ出て止まらない。苦労人だらけの最高位ベルト争奪戦だ。

ストローマンはユニバーサル王座に就いたことはあるが、WWE王座はまだ。この恵まれた体格ならもっと戴冠回数があってもよさそうだが、戦い方がまっすぐ過ぎていつも相手陣営の邪魔にあったり、あるいは首脳陣の設けた規則に阻まれてしまう。何とも不遇だ。今回もボビー・ラシュリー陣営のMVPに翻弄されそうだし、パワースラムを決めたところにマッキンタイアのクレイモアキックが飛んできそうな匂いがプンプンする。それでも今回はストローマンの奮起に期待してしまう。

何故ストローマンを応援してしまう自分がいるのだろう。おそらく超獣と呼ばれる力強さの中に何か可愛げを感じて応援している気がする。思い返せば、ワイアットファミリーの一員としてヤギだかヒツジだかのマスクをかぶっている時から可愛げが漏れていた。あの巨大な肉体にちょこんとマスクをかぶった頭部のアンバランスさ。タッグ王座戦で客席にいたニコラス少年と組んだ急造タッグで勝った時も可愛らしさを感じた。謎の沼地戦なるものに挑まされる姿もなんだかエモい。

ただ、タガが外れた時の狂気性は子供に見せてはいけないシーン続出だ。数年前、ローマン・レインズ相手に執拗に追い回していた時のあの狂気性。レインズが乗った救急車を怪力でひっくり返した時の映像は当分頭から消えそうにはない。

まだまだボビー・ラシュリー政権は続きそうだが、三つ巴戦ならではのどんでん返しな展開を楽しみにしたい。三つ巴戦は反則裁定が無いのでそこも見所。今回無理でもサマースラムに繋がる何かをあの大きな手で掴んで欲しい!「Get these hands!」だ!

浅越ゴエ(ザ・プラン9)

高校時代からプロレスファンであり、15年前からWWEを毎週視聴。プロレス好きが高じて、「新吉本プロレス」の実況も務めた経験もある。また2014年から不定期で、「WWEジャパン」「J SPORTS」公認のWWE講座を主催している。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
WWEを応援しよう!

WWEの放送・配信ページへ