人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

WWE コラム 2020年12月9日

ラナが奇妙な活躍!アスカとのタッグでWWE女子タッグ王座を奪ってしまえ!

浅越ゴエの今はサーシャ・バンクス推し by 浅越ゴエ(ザ・プラン9)
  • Line

2020年も最後の月。「もうロイヤルランブルも近いなぁ」と思うと、一年の早さを感じずにはいられません。年末って「もうすぐお正月」というよりも「もうすぐロイヤルランブル」の感覚の浅越ゴエです。

TLC

でも、その前に大事な大事な「TLC」です。Tはtable、つまり机。Lはladder、つまり梯子(脚立)。Cはchair、つまり椅子。これらを使っても反則にならない試合を繰り広げてくれる大会です。どの試合に適用されるかは分かりませんが、WWE王者ドリュー・マッキンタイアの試合はノーマルルールで観たいな。ここのところ、救急車マッチやヘルインアセルといった激しい試合をしたというのもありますが、あの肉体自体が凶器そのものと言わんばかりのファイトスタイルを年末にじっくり楽しみたいのです!相手はAJスタイルズ、いいレスリング対決になりそうじゃないですか。ちょっと小ズルいAJスタイルズをマッキンタイアが正面から受け止める。決まるならクレイモアかフェノメナル・フォアアーム、そんな試合をどっしりと見届けたい。あと、反則無しの試合の場合、防衛してもボロボロの状態になることが多いですよね。そうなるとマネー・イン・ザ・バンクの権利を持つミズが出てきてあっさり王座を奪ってしまう恐れがあるのでね。もちろん、それもWWE流なんですよ。なんですが!2020年は完全にマッキンタイアに肩入れしてしまっているのでね。

そして日本人スーパースター、アスカが何とも奇妙なタッグを組みつつありますね。そのパートナーは、ラナです。ラナが今ハネつつあります!このコラムで以前書きましたが、ナイアに実況席へのサモアンドロップで沈められるシーンがいいんです。私が書いたときはまだ2回目でしたが、そこからサモアンドロップの儀式が続いて約10回ほどまで重なりました。いつも良いやられっぷりなんです。敗者の色がついてしまったと思ったらサバイバー・シリーズでは番組を代表して女子の生き残りとして活躍しました。いや、「活躍しない」ことによって活躍したと言った方がいいでしょうか。詳しくは「サバイバー・シリーズ2020」をご覧下さい。見事に「活躍しない」ことによって活躍していますから。そこから、アスカ救出の縁もあって急速にタッグの絆が構築されつつあります。このままナイア・ジャックス&シェイナ・ベイズラーの女子タッグ王座へ挑戦すれば、王座戴冠もあり得ますよ。王座戦でラナが「活躍しない」を発動しても、アスカが「鬼の様に活躍する」を発動しますからね。そうなれば、アスカは2 BELTSになります!リング上でアスカお得意のダンスを満面の笑顔のラナと一緒に踊るなんて最高じゃないですか。

寒くなってきましたが、なんだかホットに過ごせそうです!

浅越ゴエ(ザ・プラン9)

高校時代からプロレスファンであり、15年前からWWEを毎週視聴。プロレス好きが高じて、「新吉本プロレス」の実況も務めた経験もある。また2014年から不定期で、「WWEジャパン」「J SPORTS」公認のWWE講座を主催している。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
WWEを応援しよう!

WWEの放送・配信ページへ