人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

WWE コラム 2020年11月10日

サーシャ・バンクスは推せる!映える!今回はベルトを長期保持できるのか!?

浅越ゴエの今はビアンカ・ブレア推し by 浅越ゴエ(ザ・プラン9)
  • Line

サーシャ・バンクス

今回からコラムのタイトルを変えます!「今はサーシャ・バンクス推し」に変えます!

この3~4年でWWEの女子部門が飛躍的に盛り上がってきました。その立役者の一人に当然サーシャ・バンクスの名前も挙がるでしょう。個人的には2020年下半期、女子部門で一番輝いているスーパースターだと思います。「ヘル・イン・ア・セル」でスマックダウン女子王座を奪取し、WWE女子部門のベルト(NXT・ロウ・スマックダウン・タッグ)をすべて巻くというグランドスラムを達成。これはベイリー、アスカに次いで3人目です。(ちなみにアスカはグランドスラムに加えてロイヤルランブル女子とマネーインザバンク女子を制するというとんでもない実績を残しています。すげー!)

名試合もたくさん見せてくれました。「ペイバック」では負けはしましたが、これでもかというほど技を喰らいながらも相手に立ち向かい、華麗なファイトを見せてくれました。「ヘル・イン・ア・セル」では鬼神の如く苛烈な闘志むき出しのファイトで地獄を生き抜きました。最後、パイプ椅子を使ってのバンク・ステイトメントで勝利を飾ったシーンは感動を覚えました。これだけでも推せるのに、なんといってもビジュアルが“映え映え”なところが更に素晴らしい!日本出身の選手を除けば、当然全員エキゾチックに見えるわけですが、サーシャ・バンクスは何故か他の選手の3倍エキゾチックに見えるんですよね(*個人の感想です)。CGで作られたような非現実感なビジュアルやコスチュームが毎回楽しみです。スマックダウン#1106では細いながらも鍛えられた肉体と、コスチュームのギラギラ感とで画面が“映え映え”でしたね。実写版コブラが撮影されるなら絶対出演して欲しい逸材です!

もう一つ、マイナス要素だけど推せるポイントが。それは防衛戦に滅法弱いところ。今までシングル王者に何度もなるものの、即ベルトを奪われてきました。今回王者になったばかりなのでもう冷や冷やです。何故でしょう、脆い部分があると妙に肩入れしてしまいます。今回こそ長期政権を築けるようにと、とても応援しがいがありますね!前王者のベイリーの記録(驚きの1年越え!)を抜く勢いで頑張って頂きたい!

ちなみに、キャッチコピーで「LEGIT」(日本語では「マジモン」とか「モノホン」とかそんなニュアンスの意味らしい)というのがありますが、サーシャのおかげで一つ英単語を覚えることができました!でも日常生活で一度も使うシーンは訪れていません…。

浅越ゴエ(ザ・プラン9)

高校時代からプロレスファンであり、15年前からWWEを毎週視聴。プロレス好きが高じて、「新吉本プロレス」の実況も務めた経験もある。また2014年から不定期で、「WWEジャパン」「J SPORTS」公認のWWE講座を主催している。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
WWEを応援しよう!

WWEの放送・配信ページへ