人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

WWE コラム 2019年12月25日

SD#1061「恋もプロレスも出会い次第!“ハッピー・ホリデー”な12・20ブルックリン大会」

WWE 前回までのロウ&スマックダウン by J SPORTS 編集部
  • Line

中邑真輔&セザーロ組

クリスマス・ウィーク特有の華やいだ雰囲気に包まれた12・20ブルックリン大会の第一試合は、「『34丁目の奇蹟』ストリートファイト」と銘打たれたタッグ戦。この試合でリバイバルと対戦するオーティス&タッカーのヘビー・マシナリーは、インタビュールームにサンタ姿で現れる。思い出されるのが、前週のミルウォーキー大会。ここでもサンタに扮していたオーティスだが、サミ・ゼインに“ミルウォーキー特産ハム”を贈ろうとして散々な目に遭ってしまう。「人生で最悪のプレゼントだ。これは無残に殺されたかわいそうな動物なんだぞ。」自称ビーガン(=卵や乳製品すら口にしない)のゼインに罵られただけでなく、ハムは床に放り捨てられ、試合でも中邑真輔&セザーロ組に惨敗。再び上昇気流に乗りたいマシナリーにとって今回のタッグ戦は、絶対に負けられない試合だ。そんな意気込みを語るオーティスの前に、マンディ・ローズが現れる。憧れの女神からハムを手渡され、思わずインタビューを中断したオーティスは、さらにキッスまでプレゼントされると真っ赤にのぼせ上り、サンタ姿のままリングへ。「なんだ?その恰好は!」浮かれた姿をたしなめるドーソン&ワイルダーが先制攻撃で、まずは主導権を握る。フットワークを活かし、リング外を主戦場としたリバイバルの戦略に防戦一方のマシナリーだったが、前週と同様に大事なハムを床に叩きつけられると、オーティスが怒りのブーストアップで大反撃。ワイルダーをエクスプロイダーで床に叩きつけると、マンディから贈られたハムを放り投げた張本人・ドーソンにはLEGOブロックの海に背中から落とす“クリスマス仕様”のキャタピラー。さらにはリングに戻ったタッカーと共にコンパクターを炸裂させ、リバイバルを完膚なきまでに叩きのめした。試合後、せっかくのハムを台無しにしたことを詫びるオーティスに、マンディは意外にも熱いハグで応える。ますます有頂天になるオーティスだが、この恋は果たして成就するのかどうか・・・?

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
WWEを応援しよう!

WWEの放送・配信ページへ