人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

WWE コラム 2019年11月12日

RAW#1380「NXTから新たなコンテンダー出現で岐路に立つベッキー&ロリンズ!」

WWE 前回までのロウ&スマックダウン by J SPORTS 編集部
  • Line

一方、CJで新たな歴史の一歩を踏み出した女子のタイトル戦線は、11・24サバイバー・シリーズ(SvS)から本格化することになる。この大会でSD女王ベイリーとシェイナ・ベイズラーが対戦することについて、インタビューを受けたベッキー・リンチは、群雄割拠するコンテンダーを、一刀両断で切り捨てた。「ベイリー、シェイナとは危険な関係だとは思うけれど、私はベイリーの親友サーシャをHIACで故障者リスト入りさせ、ベイズラーの親友ラウジーをWMで欠場に追い込んだからね。」そこへ割り込んできたのがベイズラーだ。インタビュアーのチャーリーに代わってリンチの正面に座ると、「ベッキー、久しぶり。ラウジーは親友だけど、私はラウジーじゃない。SvSではあんたと闘って、フォールかタップで勝ってやるよ。」思わぬ対戦要求にも、不敵な笑みを浮かべて承諾したリンチは無言でシェイナをにらみつける。この瞬間、ベイリーを交えたSvSでのトリプルスレットマッチが決定した。直接的にはCJ後のフライト遅延がきっかけだが、サウジアラビアとの契約問題を背景に一気に勢力図を拡大してきたNXTブランドの躍進。これがWWEにとって、どのような結果をもたらすのか。そして、次々と現れる伏兵に行く手を阻まれるとリンチと、悩めるロリンズの復活の道筋はいかに・・・?

J SPORTS編集部

J SPORTS 編集部

 

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
WWEを応援しよう!

WWEの放送・配信ページへ