人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

WWE コラム 2019年11月8日

SD#1054「レスナーがSD離脱!新たな歴史を刻んだサウジ大会に降りかかる疑惑とは?」

WWE 前回までのロウ&スマックダウン by J SPORTS 編集部
  • Line
場の空気を察したヘイマンが、慌ててフォローに入る。「ビンスに対し、ミステリオをスマックダウンのリングに上げるよう要請したが拒否された。ロウの選手はUSAネットワークと契約しているから無理らしい。」「なので、私の顧客・レスナーはロウに行く。これにより、スマックダウンは今日で辞めることになる。」ミステリオに対する怒りが、ブランド移籍を決意するほどのものだったとは・・・。場内は、失望したユニバースからのブーイング一色となった。
続いて、ベイリー対ニッキー・クロスのSD女子王座戦が行われた。ベイリーが王座防衛に成功するが、試合後にNXT女子王者のシェイナ・ベイズラーが乱入。女王をボコボコに痛めつけると、無言でリングを後にした。フライト遅延によるスター不足に苦しむWWEクリエイティブチームは、この後もミズ対トマソ・チャンパ、マンディ・ローズ&ソーニャ・デビル対リア・リプリー&ティーガン・ノックス、アダム・コール対ダニエル・ブライアンのNXT王座戦といった、NXTとの軍団抗争をモチーフとしたカードを組む。これらのストーリーラインは、そのまま「11・24サバイバーシリーズ」に持ち込まれ、ロウ、スマックダウン、NXTによる3ブランド対抗戦が行われる見込みだ。最後に触れておきたいのが、前夜のCJで行われたナタリア対レイシー・エバンスの試合。「サウジアラビアでは初となる女性同士の試合が実現し、私たちは新たな歴史の第一歩を踏み出しました。」ステファニーの紹介でタイタントロンに映し出された映像は、華美なメイクとコスチュームを控え、端正な試合運びで観客を魅了する二人の雄姿だ。技の構成を組み立てているのはナタリアで、みなぎる使命感の中に垣間見えるエバンスの小さな不安を払拭するように試合を引っ張り、フィニッシュまで観客の熱狂を持続させた。試合後に感極まったエバンスが目を潤ませるとしっかり抱きかかえ、打ちあがる盛大な花火を背景に感動的なフィナーレを演出。「34年のレスリング人生で、最も美しくインパクトのあるシーンに遭遇した。」新たな歴史の1ページは、ミック・フォーリーがこうツイートしたほどの隠れた名勝負となった。未見の方は、ぜひ字幕版でご覧になっていただきたい。
J SPORTS編集部

J SPORTS 編集部

 

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
WWEを応援しよう!

WWEの放送・配信ページへ