人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

WWE コラム 2019年10月25日

サーシャ・バンクスのクールビューティはヒールの方がよく似合う

粕谷秀樹のWWEeee!!! by 粕谷 秀樹
  • Line
サーシャ・バンクス

ザ・ロックことドウェイン・ジョンソンは、いまやハリウッドで最も稼ぐ俳優だ。WWEで培った表現力は万人に支持され、数々の主演作で好評を博している。ひとり娘との関係に苦悩する姿がほほえましい『ゲームプラン』、アクション・コメディの『セントラル・インテリジェンス』、従兄弟のローマン・レインズと共演した『ワイルド・スピード』などは、日本でも人気を集めた。

ピーター・メイビアを祖父に、ロッキー・ジョンソンを父に持つロックは、レスラーになるべくして生まれた男だ。祖父も父も超一流。まさにサラブレッド。ピープルズ・エルボーやロック・ボトムは、見栄えのいい派手なフィニッシュだ。さらに、相手を挑発するマイクアピールも言葉の選択が絶妙で、洋の東西を問わず、ユニバースのハートをくすぐりまくっている。個人的には「Know your role, and Shut your Mouth!」(この身のほど知らずが、黙りやがれ)がツボだ。

WWEのスーパースターである以上、プロのアスリートである以上、ロックのような表現力と発信力は絶対に必要だ。SNSも利用して節度ある発信を繰り返し、ファン層の拡大を図ることもスーパースターの、アスリートの務めだろう。

さて、ファン層の拡大では女子部門の充実が大きかった。いまではヘル・イン・ア・セルやイリミネーション・チェンバーなど、男性でも避けたくなるような過酷な試合を堂々とこなすレベルにまで成熟している。その中心に位置するひとりがサーシャ・バンクスだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
WWEを応援しよう!

WWEの放送・配信ページへ