人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

卓球 コラム 2021年9月27日

【WTTスターコンテンダーレビュー】ドーハの地で卓球NIPPONが3種目で優勝!

卓球レポート by 卓球専門WEBメディアRallys編集部
  • Line

卓球WTTスターコンテンダードーハ女子シングルス決勝

【ハイライト】早田ひなvs.ドゥ・ホイカン

3種目制覇を果たした一方で、男子シングルス、男子ダブルスは世界の壁を感じる結果となった。男子シングルスでは、予選で戸上隼輔、村松雄斗(東京アート)、木造勇人(愛知工業大学)の3選手が同ブロックに入る不運もあり、本戦には宇田幸矢(明治大学)、吉村和弘(岡山リベッツ)、戸上の3選手が臨んだ。

勝ち上がりが期待された2020年全日本王者の宇田は、1回戦でティアゴ・アポロニア(ポルトガル)に、吉村は2回戦で李尚洙(イサンス・韓国)、戸上も2回戦でクリスティアン・カールソン(スウェーデン)に敗れ、2回戦までで日本男子は姿を消すほろ苦い結果となった。

その男子シングルスを制したのは、ウーゴ・カルデラノ(ブラジル)だ。東京五輪でもシングルスベスト8に入ったブラジルの25歳は、東京五輪で張本智和(木下グループ)に勝利したダルコ・ヨルジッチ(スロベニア)を決勝で退けての戴冠となった。

男子ダブルスでは、“期待の明治大コンビ”戸上/宇田が準決勝まで勝ち進んだが、安宰賢(アンジェヒョン)/趙勝敏(チョスンミン)の韓国ペアのパワーの前に敗れ、ベスト4。そのまま安宰賢/趙勝敏ペアが優勝を飾った。

WTTスターコンテンダードーハは閉幕したが、同じカタール・ドーハの地で28日よりアジア選手権が開催される。こちらも中国勢が参加を見送っており、日本勢の更なる躍進に期待が高まる。

文/卓球専門メディア Rallys編集部

卓球専門WEBメディアRallys編集部

Rallysは、デジタル時代に最適化した卓球専門WEBメディアです。2017年ローンチ以来、卓球に関する広くて深いコンテンツを多様なデジタルメディアで発信し続けています。Yahooニュース他外部配信も多数。選手や関係者に深く迫ったロングインタビューや、国内外の大会速報、高校・大学潜入企画などが特に人気です。
■公式HP
https://rallys.online/
■YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCxEHWIzuPAnJYDR6DPD31HA
■Rallys/SNS
Twitter:https://twitter.com/Rallys_pingpong
Instagramhttps://www.instagram.com/rallys_tabletennis/

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
卓球を応援しよう!

卓球の放送・配信ページへ