人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2021年10月18日

生粋のストライカー。名古屋グランパスU-18・真鍋隼虎の特徴は『得点を獲ること』 【NEXT TEENS FILE.】

土屋雅史コラム by 土屋 雅史
  • Line

名古屋グランパスU-18のナンバー10、真鍋隼虎

「フォワードである以上、得点を獲ることが一番アピールできますし、自分の価値を高められるので、得点を獲ることが一番だと思っています」。短いフレーズの中で2度強調した言葉が、この男の在り方を何よりも現わしている。『得点を獲ることが一番』。 名古屋グランパスU-18のナンバー10。真鍋隼虎は自らが為すべき最大の仕事、すなわち“得点”に魅入られている。

大舞台でこそ、その実力を遺憾なく発揮するのが真のストライカー。今年の夏のクラブユース選手権で誰よりも輝いたのが、真鍋だった。準々決勝までの5試合で4ゴールを積み上げると、ファイナル進出へと王手を懸けた浦和レッドダイヤモンズユースとの準決勝で、勝負強さを見せ付ける。

J SPORTS 放送情報

1点目は32分。右サイドから葉山新之輔がクロスを上げると、やや想定より高く来たボールへ諦めずに食らい付き、ヘディングで絶妙のコースに流し込む。「難しいヘディングを決められて良かったです。当たった瞬間に軌道は見えて、入ったのがわかりましたし、届かないと思ったんですけど、諦めずに当てられましたね」。

2点目は延長前半終了間際の90+4分。ゴール前の混戦から1人外にポジションを取りながら、1年生FW貴田遼河からのパスを呼び込み、左足一閃。ボールは右スミのゴールネットへ吸い込まれる。「遼河に入った時に自分がフリーで、『出せ』って強く要求したら出してくれたので、あとは決めるだけでした」。決して“決めるだけ”ではない一撃は、貴重な決勝弾。自身の2ゴールでチームを決勝へと導いてみせた。

準決勝の試合後。真鍋は宣言していた。「次も自分が点を獲って勝たせて、日本一になって金メダルをもらいたいです」。そして、その誓いは果たされる。

北海道コンサドーレ札幌U-18と対峙した決勝。1点リードで迎えた71分。貴田とのワンツーで右サイドを抜け出した真鍋は、躊躇なく右足を振り抜く。「今から振り返ったら『全然簡単なゴールじゃないな』と思うんですけど、あそこに行った時には『絶対に振り抜いてやろう』という強い気持ちがあったので、シュートも良いコースに飛んでくれたのかなと思います」。宣言通りに自らのゴールで日本一と得点王を手繰り寄せた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ