人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2021年9月21日

ウナイ・エメリの知る久保はいなかった。敵将の分析裏切る圧巻のパフォーマンス!

サッカーニュース by 木村浩嗣
  • Line
古巣戦で先発出場を果たした久保

古巣戦で先発出場を果たした久保

ビジャレアル戦は久保建英とマジョルカの耐性が試された。

昨季久保を指揮したウナイ・エメリ監督は、彼のことを良くわかっている。“久保を止めるには守備に忙殺させれば良い”、というのが、エメリの結論だったと思う。

アタッカーを機能不能にするには必ずしも守備を強化する必要はない。サッカーの攻守は一体化しているので、こちらの攻撃を強化することで相対的に相手の攻撃力を下げることができる。具体的には、この日[4−4−2]の右サイドで起用された久保に、左SBエストゥピニャンをぶつけて守備をさせる――。

一見、この勝負、久保の分が悪そうだった。スピードと馬力を兼ね備えたリーガ有数のSBと、守備が得意とはお世辞にも言えない久保。しかも、ペドロサとのローテーションで休めているエストゥピニャンに対して、絶対的なレギュラーの久保は連戦の疲れもある。

しかし、予想を裏切り久保とマジョルカの右サイドは耐えた。陣地的に押し込まれはしたが決して崩されることはなく、鋭いカウンターで押し返した。最初にベンチに下げられたのはエストゥピニャンの方だった。

久保とエストゥピニャンはまるでペアでダンスを踊っているかのようだった。どちらかが上がればどちらかが下がる。どちらかが外ならどちらかが内。役割はボール次第。ボールを持っているチームのサイドは開いて上がり、持っていないチームのサイドは閉じて下がる。

振付の基本は、大外のエストゥピニャンに対して久保が内に絞って待つ形で、これが時間帯の7割近く続き、役割が入れ替わったのが残りの3割ちょっと。ビジャレアルが圧倒的にボールを支配した分、久保の守備の時間が長かった。

絞って待つ久保のポジショニングが抜群に良かった。ゴールを背負って絞っているから、危険な対角線突破は許さない。近過ぎてトラップ&ダッシュで突破されることもなく、遠過ぎてプレスが間に合わないこともない、絶妙の距離感。エストゥピニャンの斜め前で待ち、彼にボールが渡れば迎えに行く。エストゥピニャンからすればドリブルで抜けるほど近くにはいないし、自由にさせてくれるほど遠くにはいない。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ