人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2020年10月20日

名古屋の善戦に見る「川崎対策」。相手の良さを消すサッカーこそがJリーグの特徴

後藤健生コラム by 後藤 健生
  • Line

10月18日のJ1リーグ第23節で名古屋グランパスを破った川崎フロンターレが、リーグ戦11連勝を記録した。同一シーズン中の連勝の新記録だそうだ。

7月に再開された第2節以降、第11節まで「10連勝」を記録した川崎だったが、第12節のアウェーゲームで名古屋に敗れて連勝は途切れた。そして、第13節以来、10試合連続勝利を達成して、第23節で「11連勝」を懸けて再び名古屋と対戦することになったのだ。

名古屋とはJリーグYBCルヴァンカップのグループステージでも2対2の引き分けに終わっており、今シーズン圧倒的な強さを誇っている川崎にとって、まだ勝てていない名古屋との対戦は「34節の中の単なる1試合」以上の意味を持つ試合だった。

そして、実際に第23節の試合でも名古屋は川崎と互角の戦いを繰り広げた。

結果として、この試合は川崎が3対0で勝利し、「11連勝」を達成すると同時に名古屋に対する“リベンジ”も果たすことになった。しかし、川崎にとって今シーズンの中で最も難しい試合のひとつだったのではないか。

ボールが川崎に渡ると割り切って自陣に引いて守る名古屋を川崎が攻めあぐねた。1試合平均3ゴール近くをゲットしている川崎としても、ついに最後まで流れの中から得点することができなかったのだ。

もっとも、それならそれで、セットプレーから3ゴールを決めてしまう、それも前半終了間際の44分にCKから先制してしまうあたりに今年の川崎の強さを見ることができる。そして、名古屋は攻撃でも川崎のゴールを再三にわたって脅かした。

実は、川崎は10日ほど前の10月7日にも同じ等々力陸上競技場で敗戦を喫している。YBCルヴァンカップの準決勝でFC東京に0対2で敗れたのだ。

しかし、この試合のFC東京は守備一辺倒だった。自陣に引いて守り、ボールを奪ってから俊足の永井謙佑を使ってカウンターに徹した。そして、永井が粘って獲得したFKをレアンドロが直接決めて先制。そして、62分にも永井のクロスをレアンドロが決めた。“永井の俊足”という武器を有効に生かした勝利だったが、内容的には川崎が攻め続けた90分で、川崎が大量点で勝っていてもおかしくはなかった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ