人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2020年7月29日

【トップ6総括:トッテナム】最低限の仕事だけはした

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
モウリーニョとハリー・ケイン

開幕前からゴタゴタしていた──。

退団するとかしないとか、クリスティアン・エリクセン、トビー・アルデルヴァイレルト、ヤン・フェルトンゲンは立場が定まらなかった。モチベーションを整えピッチに向かっても、多くのサポーターは猜疑心をもってとらえる。

「あいつら、集中できているんだろうな……」

その、ネガティブな感情がブーイングになり、ごくごく普通のプレーでもマイナスに映ってしまう。選手たちは敏感だ。スタジアムの微妙な雰囲気がプレッシャーにつながっていった。

とくにエリクセンだ。ピッチに立ちさえすれば違いを創れるが、チームから心が離れた選手は使いづらい。昨シーズンまでトッテナムを牽引した男は、先発から外れるケースもしばしばあった。

J SPORTS 放送情報

もっとも、エリクセンひとりの責任ではない。彼は一昨年夏から移籍を希望し、ダニエル・レビー会長も渋々承諾していた。問題は移籍金で折り合わなかったり、余計なオプションをつけてみたり、レビーの駆け引きが過ぎたからだといわれている。欲を出さず、交渉をスムーズに進めていれば、エリクセンの処遇だけは早期解決を図れていたに違いない。

また、マウリシオ・ポチェッティーノとの別れも誤算だった。2014年夏に着任後、2トップから1トップ、4バックから3バックなど、試合の流れに応じた可変システムを導入し、昨シーズンはチャンピオンズリーグ決勝まで導いた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ