人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2020年7月27日

【トップ6総括:アーセナル】変革に向けた心地よい兆し

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
アーセナル vs. マンチェスター・C

今シーズンの総括としては大失敗だ。選手との間に信頼関係を築けなかったウナイ・エメリを解雇し、新監督にミケル・アルテタを起用したものの、チャンピオンズリーグ出場権をまたしても逸した。FAカップ決勝に敗れると、ヨーロッパリーグの出場権も獲得できない。

25シーズンぶりにトップ6も外し、不本意すぎる10位。同じノースロンドンを本拠とするトッテナムの後塵を4シーズン連続で配し、名もなきウォルヴァーハンプトンやシェフィールドをも下まわる屈辱である。

さて、アルテタが監督に就任した昨年12月、アルセーヌ・ヴェンゲル前監督は次のように語っていた。

「アルテタが人格者であることは、この業界でも広く知られている。問題は、クラブがなにをしてやれるか、だ」

J SPORTS 放送情報

稀代の名伯楽が不安を抱いていたように、アーセナルのフロントは無力だった。率直に言って、アルテタはだれの助けも得られていない。経済的に厳しいのなら、余剰戦力を売却して獲得資金の足しにするべきだった。しかしメスト・エジル、ソクラティス・パパスタスプロス、セアド・コラシナツなどの売り時を完全に誤った。

ディレクター職に就くラウール・サンジェイ、エドゥが現場にプラスをもたらしかと問われれば、心あるサポーターはNOと首を横に振るだろう。

また、メディカル部門も見直さなくてはならない。“野戦病院化” はヴェンゲル体制からの悪しき流れであり、今シーズンも数多くの主力が負傷に倒れ、回復までに長すぎる時間を要していた。メディカルスタッフが作るリハビリメニューに欠陥があるのか、選手たちの取り組む姿勢が問題なのか。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ