人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2019年10月15日

メディア対応は難しい。新星ハーランドも近ごろ不機嫌だ

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
ハーランド

「つまらねえな」

今年5~6月に開催されたアンダー20ワールドカップにノルウェー代表として出場。ホンジュラス戦でハットトリックを達成した。所属クラブのレッドブル・ザルツブルクでも、チャンピオンズリーグのヘンク戦でふたたびハットトリック。アーリング・ハーランドの名が世界に知れ渡りつつある。しかし近ごろ不機嫌だ。

「クラブも友人もエージェントもオレを守ってくれるけど、どこかのだれかさんがフェイクニュースを流している。イライラの数値は10段階で9だな。ほっといとくれ」

J SPORTS放送情報

タブロイド紙は紙面を埋めるために、小さな話題を脚色して大きく伝える。有識者のコメントと称し、記者の考察が延々と続く。ハーランドが怒った今回のフェイクは、彼の大活躍とマンチェスター・ユナイテッドの得点力不足を強引に結びつけただけで、双方が接触した形跡はどこを探しても見当たらなかった。『ムンド・デポルティーボ』に掲載された「ロベルト・フィルミーノとルイス・スアレスを交換か!?」も、フェイクというかナンセンスが過ぎる。充実の一途をたどるフィルミーノをリヴァプールが手放すなんて、担当者の願望だとしても片腹痛い。

経験を重ねていけば、「タブロイドがまたバカやってるぜ」とハーランドも笑い飛ばせる日がやって来る。これも成長過程のひとつだ。メディアとはうまく付き合わなければならない。なかには口を滑らせようと、極めて意地の悪い質問をする者もいる。マンチェスター・シティにやって来た3シーズン前、ジョゼップ・グアルディオラ監督もメディアの餌食になった。一方的すぎる質問にキレ、記者会見で声を荒げたことがった。するとメディアはグアルディオラを責め立てる。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ