人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2019年9月4日

ネイマールのまわりには不思議とトラブルが付きまとう

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
ネイマール

願いは届かなかった──。

バルセロナ復帰を希望し、ありとあらゆる手段を用いた。メディアに叩かれても、住みやすかった古巣に戻ろうとしていた。しかしバルセロナとネイマール、彼が所属するパリ・サンジェルマンは合意点を見いだせず、交渉が遅々として進まない。そして9月2日、移籍市場はその幕を閉じた。

針のむしろだ。パリSGとはうまくいっていなかった。クラブの上層部は公の席上でネイマールを批判している。トーマス・トゥヘル監督も高くは評価していない。ネイマールの才能は認めるが、エージェントを務めるネイマール・シニアと取り巻きに気分を害しているのだ。

J SPORTS放送情報

ネイマール・シニアは人を見下し、それでいてリスペクトを強要するという。自分勝手な上から目線。この夏の交渉も、エージェントとしてがうまく立ちまわっていれば、パリSGとネゴシエートできれば、息子の願いは通じたともいわれている。ネイマール・シニアの強硬すぎる態度に、パリSGのナセル・アル・ケライフィ会長は「いつでも扉は開いている。さようなら」と、突き放していた。

ネイマールの取り巻きは定職についていない。働こうとせず、ネイマールが稼いだカネで豪遊する。そのくせ関係者を気どり、ありもしない話をメディアにバラまく。パリSGの、ネイマールの印象が悪くなる。このような輩はすぐ排除すべきであり、顧客の周囲を整備するのはエージェントの務めだ。ヒモ同然の取り巻きを黙認する父親? わけがわからない。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ