人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2019年8月14日

ユベントスの本末転倒とアーセナルの人員整理

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
デ・リフト

ユベントスのマウリツィオ・サッリ監督はこう言った。

「市場が閉まる9月2日までに、6人ほど出ていくかもしれない」

アーセナルのウナイ・エメリ監督も意味深だ。

「プレミアリーグの市場は8月8日に閉まったけれど、ほかの国はまだ開いている」

J SPORTS放送情報

市場に少なからぬ影響を及ぼす両監督の発言だ。聞き逃すわけにはいかない。まだなにかが起きる、ということか。

ユベントスは残留を熱望するパウロ・ディバラの放出を画策し、移籍先としてパリ・サンジェルマンが浮上してきた。また、ポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)を獲得するため、スポンサーが金策に走っている。こうした動きもふまえ、サッリは6人の放出を覚悟しているのかもしれない。

事実、ダニエレ・ルガーニのローマ移籍が濃厚になった。マリオ・マンジュキッチにも色よいオファーが届けば手放す公算が大きく、ブレーズ・マテュイディにはフランスとスペインのクラブが興味津々と伝えられている。さらにゴンサロ・イグアインとマッティア・ペリンも換金対象だ。マタイス・デリフトの獲得に約85億円を要し、ポグバ資金として200~220億円が必要とされるため、昨シーズンまでの主力が犠牲となる。彼らを手放して収支のバランスを整える……要するにフィナンシャル・フェアプレー対策だ。チーム創りのプランとしては本末転倒である。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ