人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2019年5月20日

【FIFA U-20ワールドカップ 日本代表インタビュー】“日本人でも戦えること”ではなく、“日本人でも世界で勝てること”を証明したい~湘南ベルマーレ・鈴木冬一~

土屋雅史コラム by 土屋 雅史
  • Line
【FIFA U-20ワールドカップ 日本代表インタビュー】“日本人でも戦えること”ではなく、“日本人でも世界で勝てること”を証明したい~湘南ベルマーレ・鈴木冬一~

柔和で、剽軽で。口調も含めて生粋の大阪人という雰囲気に騙されてはいけない。それはあくまでピッチの外で纏っている仮の姿だと思った方がいい。「今までだったら遠いというか、そんなふうに思われていたかもしれないですけど、僕の中では全然遠いものではなくて、むしろ日本人が世界でできるということを証明してくれている選手もたくさんいますし、僕たちの年代でも世界と戦えない選手はいないと思うので、特に世界と聞いて『うわっ』みたいな気持ちになることはないですね」。湘南から世界へ。未来を懸けた鈴木冬一の大いなる挑戦が幕を開ける。

昨年までの鈴木にとって、U-20ワールドカップは現実味を伴っていなかった。「半年前だったら、ワールドカップというのはまったく想像できなかったですし、湘南ベルマーレに入る前にワールドカップに自分が選ばれるみたいな気持ちはそんなに高くなくて、本当にここでやっていく中で、その気持ちがどんどん高くなっていって、こういう形になったので、このチームでなければ選ばれなかったかなと僕自身も思っていますね」。

曺貴裁監督との日々が、意識の変化を自身に訴えかけた。「人とは違うものを持っているというか、オーラとかもそうですし、僕のサッカー人生は短いですけど、発言や選手に対する接し方というのも、出会ってきた中では初めての人で、ああいう熱い人が好きなので、僕には合っているかなと思います」。印象に残っている言葉がある。「練習でミスした時に『オマエ調子に乗るなよ』って言われたので『ヤバイな』って思いました(笑)」。そう笑いながら話す姿は、まだ10代そのもの。愛されるキャラクターが透けて見える。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧