人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2019年5月15日

暖簾に腕押し、猫に小判。キーンの指摘もポグバには響かず…

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line

フアン・マタはこう言った。

「ホームで最終節に負けるなんて、バッドエンド以外のなにものでもない。今シーズンは想い出に残るような試合もあったけれど、後味が悪すぎるよ。だれもが責任を痛感し、マンチェスター・ユナイテッドが本来あるべき姿ではないってことを、胸に刻まなければならないんだ」

彼は愚痴をこぼさない。なにが起きても前向きだ。シーズンの終了にあたり、「辛い時期を支えてくれたサポーターのみんなには心から感謝しているよ。君たちがいなければ、フットボールは無意味なんだ」と、気配りも忘れていない。だからこそサポーターにも愛される。それに引き換え……。

「フットボールに関わっている者なら、だれもがレアル・マドリーに憧れる。もちろん、いまはユナイテッドで満足しているよ」(ポール・ポグバ)
「小さなころからセリエAは憧れだった。遅かれ早かれ、イタリアでプレーする日は必ずやって来ると思うよ」(ロメル・ルカク)

サポーターにすれば「ふざけんじゃねえぞ」である。両選手の発信は3月中旬。ユナイテッドの勢いがかげってきたときだ。主力としての責任感や自覚を著しく欠いている。かつてのキャプテン、ロイ・キーンも「言葉の一部分が切り取られるケースがあるとはいえ、あまりに軽率な発言」と苦言を呈していた。

ところが暖簾に腕押し、猫に小判。ポグバにはまったく響かない。

「キーンはコメンテイターだからね。好きなことを言えばいいんじゃないの」

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ