人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2019年3月22日

このまま引き下がるようでは熱心なエヴァトニアンも…

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line

29節のマージ―サイド・ダービーで引分け、31節のチェルシー戦は2-0の勝利を収めたものの、ビッグ6との対戦成績は1勝2分6敗。トップ10とは2勝4分10敗。期待に応えているとはいいがたい。いや、むしろ期待を裏切っている。

十分な戦力を有していないならまだしも、ジョナサン・ピックフォード、イドリサ・ゲイエ、ギルフィ・シグルズソン、テオ・ウォルコットなどの既存戦力に、リシャーリソン、ジェリー・ミナ、ルカ・ディニュ、アンドレ・ゴメス、ベルナルジといったニューカマーを加えた今シーズンの陣容は、ビッグ6に次ぐ、と表現して差し支えない。エヴァートンはなぜ低空飛行を続けているのだろうか。

数多くの即戦力を獲得したとはいえ、チームの弱点は解消されていない。昨シーズン、ロメル・ルカクがマンチェスター・ユナイテッドに新天地を求めた後、センターフォワードは浮ついたままだ。ドミニク・カルヴァート=ルーインはおそらく右サイドが適性で、ジェンク・トスンはボールの収まりが悪い。リシャーリソンもサイド、あるいは1・5列目がベストと考えられる。マルコ・シウヴァ監督がこだわったオリビエ・ジルーはチェルシーに拒否され、前線の問題を解決できずにこんにちに至っている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧