人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

スキー コラム 2019年11月18日

世界王者小林陵侑をとことん応援しよう

鳥人たちの賛歌 W杯スキージャンプ by 岩瀬 孝文
  • Line
W杯出場31シーズンを迎えるレジェンド葛西紀明


欧州に旅立つ直前に日本の重鎮レジェンドカサイ(カミカゼカサイ)がにこやかに応じた。
いまW杯出場で31シーズンを迎えた葛西紀明はヨーロッパでの評価が抜群に高い。
夏に故障した腰をベテラン独自の意地と気概で克服、秋には見事に復調を果たしていた。
だからである。シーズンを通して熱意を込めて“宮平ジャパン”を応援していきたい。
宮平秀治ヘッドコーチは欧州で長らくアシスタントコーチを勤め、その間に努力しながらドイツ語の習得にあたり、いまやコーチ会議ではその堪能な語学で主張をはっきりと述べることができる。それも試合会場のコーチボックスにおいて他国コーチから一目を置かれる存在なのだから素晴らしい。

今シーズンW杯開幕戦ビスワ(ポーランド)からの遠征メンバーは小林陵侑(土屋ホーム)、小林潤志郎(雪印メグミルク)、佐藤幸椰(雪印メグミルク)、伊東大貴(雪印メグミルク)、葛西紀明(土屋ホーム)、中村直幹(東海大札幌SC)の6名。
さしあたり日本チームの目標は、現在6枠のW杯出場枠を国枠最大の7まで伸ばすこと。
強者揃いのポーランドにまとまりあるドイツ、飛ばし屋ノルウェーと伝統あふれるオーストリアなどに肉薄してW杯を盛り上げていく。もちろん王者小林陵侑を中心にして。
それにはコンチネンタル杯に派遣される佐藤慧一(雪印メグミルク)、竹内択(飯山市SC)、栃本翔平(雪印メグミルク)、岩佐勇研(東京美装)、伊藤謙司郎(雪印メグミルク)の頑張りとそこからの昇格に期待しよう。

全日本選手権NH優勝小林潤志郎、2位佐藤慧一、3位小林陵侑(右)

チーム力を底上げしていってこそ世界中に名が轟く『最強ジャパン』が再度、見えてくる。
それも小林陵侑がW杯のトップシーンをしっかりと走っているうちに。
冬の夜長、J SPORTSのライブ中継を観ながら、心の限り声援を送って夢を追いたい。

新ウェアを身にまとうSNOW JAPAN。小林陵侑(左から4人目)はジャンプの代表として「LIVE SNOW & SNOW JAPAN」に出演した。

文:岩瀬 孝文

岩瀬 孝文

岩瀬 孝文

ノルディックスキージャンプの取材撮影は28年以上、冬季五輪は連続5回、世界選手権は連続12回の現地入り取材。スキー月刊誌編集長を経て、2007札幌世界選手権では組織委員会でメディアフォトコーディネーターを務めた。 シーズンに数度J SPORTS FIS W杯スキージャンプに解説者として登場。『冬はスキー夏は野球』という雪国のアスリートモードにあり、甲子園の高校野球や大学野球をつぶさに現場取材にあたっている。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
スキーを応援しよう!

スキーの放送・配信ページへ