人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

スキー コラム 2018年11月22日

インタビュー第7回 加藤聖五選手

WE ARE SNOW JAPAN ~若きアルペンスキー日本代表の素顔~ by J SPORTS 編集部
  • Line
加藤聖五

吉田:
小さい頃から世界に出ていた加藤選手ですが、世界を相手にここは負けないぞというご自身の強みを教えてください。

加藤:
色んなスキーをやってきて、(ジャンプ、クロカン)、元々はフリースタイルの選手になろうと思っていた程のなので、そういう経験をしているからこそ他の選手よりスキーの基礎がしっかり出来ていると思います。

吉田:
逆に足りていないものは何ですか。

加藤:
強い気持ちです。メンタルが弱いので改善をしていかねばならないと思っています。

吉田:
理想としている選手はいますか。

加藤:
やはり、M.ヒルシャー(オーストリア)です。 技術的に世界のトップですが、他の選手も技術では彼に負けていません。ただ、彼が大きい大会で勝ち続けるのは他の選手と違う“何か”を持っているからだと思います。その“何か”を自分も早く見つけ、世界で常に勝ち続けられる選手となりたいです。

吉田:
故郷である野沢温泉に戻ってきました。野沢温泉SCとして戦うのは良い意味でプレッシャーとなっているのではないですか。

加藤:
勿論プレシャーもありますが、野沢温泉で育ってきたのでリラックスできていますよ。ただ、他の町とは違う野沢温泉らしい面もあって自分の中で刺激になっています。昨年の全日本で4位になった時、他の町で育った方は「よくやった」と褒められるかもしれませんが、野沢温泉の方は「何やってんだ!」と言われましたから(笑)。

吉田:
今シーズンW杯メンバーに選ばれましたが、日本代表の中でも出場枠を巡って戦わなければなりません、この状況をどう考えていますか。

加藤:
他のレースとかではメンバーに勝っていますので、自分のパフォーマンスを最大限に出してやることをしっかりやりさえすれば、世界に繋げていけると思います。

吉田:
W杯に出た場合の目標を教えてください。

加藤:
30番以内に入りTOP30のスタートリストに残ることですね。それが達成できたら次のステップに進みたいですが、先ずは30番以内を目指し、そのために必要なことを一歩一歩取り組んでいきます。

吉田:
どころで、GSとSLはどちらが好きですか。

加藤:
GSですね。スピードが出る方が楽しいですから。ただ昨年結果が出たのはSLだったので悔しかったです(笑)。

吉田:
それでは最後に意気込みをお願いします。

加藤:
今シーズンはW杯30番以内を目指し、スタート順を確保できるよう頑張りますので応援を宜しくお願いいたします!

加藤聖五
J SPORTS編集部

J SPORTS 編集部

 

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
スキーを応援しよう!

スキーの放送・配信ページへ