人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

スキー コラム 2018年10月31日

インタビュー第5回 新 賢範選手

WE ARE SNOW JAPAN ~若きアルペンスキー日本代表の素顔~ by J SPORTS 編集部
  • Line
新 賢範

急斜面の自信と緩斜面の課題

吉田:
海外選手と戦う中で見えてきた、自分が勝っている点は何ですか。

新:
急斜面でのスピードですね。

吉田:
実際苗場のW杯(2016年2月開催)に出た時、GSの急斜面は悪くなかったですよね。

新:
そうなんです。苗場の時は急斜面である第2ケージから第3ケージまでは31番目で通過できていたので、差はあまりないと思います。

吉田:
一方で課題は?

新:
緩斜面です。

吉田:
その緩斜面を克服するためにやってきたこと、今やっていることを教えてください。

新:
緩斜面に対するスキーの滑らせ方です。自分より早い選手のビデオを見て、滑り方以外にもマテリアルの滑走面など繰り返し分析しています。

吉田:
分析をする中で気付いたことはありましたか。

新:
ライン取りですね。自分は直線的に入ることが多く、どうしても強いエッジングとなってしまうのですが、海外選手はラインできれいなターンをしているのが印象的です。

吉田:
克服するため努力していることはありますか?

新:
緩斜面を滑る時、ラインを繋げることを意識して滑っています。

吉田:
滑りを参考にしている選手はいますか。

新:
具体的にはいないです。自分より早い選手は全員参考になりますから。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
スキーを応援しよう!

スキーの放送・配信ページへ