人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

スキー コラム 2018年3月1日

第6回『五輪総括&ラハティ魅惑の3連シャンツェ』

鳥人たちの賛歌 W杯スキージャンプ by 岩瀬 孝文
  • Line
葛西紀明

帰国後にはその疲れから少し喉をいためた葛西紀明(土屋ホーム)

開会式で日本選手団の旗手を務めた偉大なエース葛西紀明は、開会式で誇り高く日の丸を振りかざし、胸を張った。
そしてジャンプ台では、悪夢ともいえる風に堂々と突っ込んでいった。
なんとしてもメダルを得たい。そのためか、いや、思い通りの風がこないことで肩口に少しばかりの力みが見られてサッツ飛び出していた。それも追い風にどんどん落とされていく。
「これだとキツい」
その思いでジャンプを重ねていった。それは、さぞ無念の境地であったことだろう。

チームの中で最長の飛距離を打ち出した小林陵侑(土屋ホーム)は、特に緊張はしませんでした、と至極クールな眼差して毎度のジャンプに希望を乗せて飛んでいた。
メンタルが強い若きエースの登場である。

「あれはしょうがなく思います。悔しいと言い出したらきりがない。残りの試合はとにかく自分のジャンプをしようと努力しました。必要なのは滑りやすいポジションでしっかりとアプローチにのっていくことなのです。これからのW杯に向けて調子はあがってきているように思えます」
なぜだ、といわんばかりに追い風にやられてしまった小林潤志郎(雪印メグミルク)は、帰国後に落ち着いた眼差しで、そう静かに語った。

小林陵侑

五輪では日本チーム最高の飛距離を記録した小林陵侑(土屋ホーム)

小林潤志郎

小林潤志郎(雪印メグミルク)はW杯終盤戦にかけている

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
スキーを応援しよう!

スキーの放送・配信ページへ