人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

スキー コラム 2017年12月22日

GS(大回転)で世界の壁を超える新世代スキーヤー登場!

「青春の挑戦者」4年に1度のシーズンがやってきた!2017-2018ウインタースポーツ編 by J SPORTS 編集部
  • Line

世界との差を縮めるために

小山陽平

去年のアルタ・バディア(イタリア)で初めてワールドカップに出て、改めて、現地のアルペンスキー人気に大きな衝撃を受けたという。
「報道を見ても、日本のスポーツは野球やサッカーが中心で、アルペンスキーは世間一般に知られていないと感じる場面も多いですが、自分が活躍することによって、いつか他のメジャーなスポーツのようにしたいという思いがあります」
小山選手が、SLだけでなく、GSにこだわる理由もそこにある。
「GSで活躍した日本人がこれまでほとんどいないからこそ、自分がそこで成績を残したい。これまで日本はSLに特化した素晴らしい先輩たちがいましたが、僕はその後を行くというよりは、GSもSLも速い選手になりたいと思っています」 その第一歩となる今シーズン、ワールドカップポイントを獲ってランキング30位以内というのが大きな目標だが、まずはその下のクラス「ファーイーストシリーズ」で常に上位に入り、総合優勝を目指す。
「とにかく今は次に活かせることしか経験していないので、4年後に向けて、階段を上がるようにステップアップしていくだけです」
シーズン前の陸上トレーニングでは、1本のスピードを出し切る力。1日10本滑り切る力。4か月近いシーズンを通して滑る力。それらすべてをパワーアップさせるためのトレーニングに取り組んだ。
「そこに関して他の選手よりも練習したということが、今シーズンの自信につながっています。ただ、自分が目指す世界はもっと上なので、常に今の自分に満足することはありません」
体力や技術の差とともに感じたのがトップ選手のすべりの勢いだったという。
「トップクラスの外国人選手は、どんな状況でも貪欲に攻めていました。その意識の違いが勢いの差になっていると考えています。日本人のアルペンスキーヤー全体に言えるのかもしれませんが、例えば緩斜面になると、きれいに滑る形にこだわりすぎて、あまり体が動いていない。でも、トップ選手たちはそういう場面になると、形にこだわるより、少しでも前に少しでも速くという意識で体を使っていました」
そのため、普段の生活から気持ちがよりポジティブになっているという。
0.1秒でも速く!
その貪欲さを持って、小山選手は飛躍のシーズンに挑む。

※1 インスペクション=レース前にコースを下見すること。コースの把握や、戦術を立てる意味でも非常に重要な作業。

J SPORTS編集部

J SPORTS 編集部

 

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
スキーを応援しよう!

スキーの放送・配信ページへ