人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

スキー コラム 2017年1月19日

アルペンの聖地が燃える伝統のハーネンカム大会=FISワールドカップ男子DH・SG・SL キッツビュール(オーストリア)

アルペンスキー・ワールドカップ(白いサーカス)転戦記 by 田草川 嘉雄
  • Line

さて、今週は舞台をキッツビュールに移します。伝統のハーネンカム大会は今年で77回目を迎えます。水曜日からトレーニング・ランが始まりました。ウェンゲンとは打って変わって快晴・無風しかも厳しい冷え込みという最高の天候に恵まれ、コースは完璧に仕上がっています。,週末にかけて気温は高めになりうそうですが、予報によれば雪や雨の心配はなさそうです。ワールドカップ最多の観客数を誇るハーネンカム大会らしい、エキサイティングなレースが繰り広げられることでしょう。

スケジュールは1月20日(金)がスーパーG。ここ数年はスーパーGに加えてアルペン・コンバインドが設定されていましたが、今季は行なわれません。選手の負担と大会のスムーズな運営を優先するというのがコンビ廃止の理由です。
土曜日はダウンヒル。ワールドカップでもっとも恐ろしいと言われるコース“シュトライフ”が舞台のスペクタクル・ショーです。安全対策のためにコースには若干の手直しが加えられ、一部でスピードが落とされましたが、コース全体の難しさは変わりません。トレーニングランを見る限り、コースの状況は過去最高の硬さ。エッジング時の乾いた金属音から、そのすさまじい硬さは想像できます。テレビ観戦の際には、映像だけでなくぜひ音声にも注意していただければと思います。

アクセル・ルンド・スヴィンダール

ここ数年怪我に悩まされ続けているアクセル・ルンド・スヴィンダール。ようやく復帰した今シーズンだったが、昨年の怪我の影響でまたしても戦線離脱した

ただ残念なことに、優勝候補のひとり、今季のダウンヒル種目別ランキングで首位を走っていたアクセル・ルンド・スヴィンダールは欠場します。昨シーズン、ここキッツビュールDHで前十字靭帯を断裂した右膝の再手術に踏み切ったからです。したがって彼の2017シーズンは終了。ふたたびリハビリとトレーニングの日々を過ごし、来年の平昌オリンピックを目指すことになりました。
本命を欠いたレースは、勝利の行方が混沌としていますが、とにかく世界最難関のシュトライフを誰が一番速く滑り降りるのか? 興味は尽きません。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
スキーを応援しよう!

スキーの放送・配信ページへ