人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

スキー コラム 2017年1月12日

【男女モーグル】男子は順当、女子は波乱。第2戦以降の展開は? 復帰・遠藤尚は表彰台奪取も目の前

ブラボー!!モーグル by Bravoski(ブラボースキー)
  • Line
ブリトニー・コックス

8〜9月のオーストラリアンニュージーランド杯も含めれば、3戦連続優勝。ブリトニー・コックスは勝利の味を覚えた

女子は1位ブリトニー・コックス(オーストラリア)、2位ペリーヌ・ラフォン(フランス)、3位キートン・マッカーゴ(アメリカ)。ブリテニーはW杯初優勝、ペリーヌは昨シーズン2勝の18歳、キートンは昨シーズンの全米女王でW杯は初表彰台。新鮮な結果となったが、意外なことは、デュフォー-ラポイント姉妹が表彰台にいないこと。五輪&世界選手権女王の三女ジャスティンは5位と敗れ、昨シーズンW杯女王の次女クロエは10位に沈んだ。今シーズンはカナダ女子圧勝の勢力図は変わるかもしれない。ただし姉妹は、北米シリーズに強い傾向があるので、レイクプラシッド大会以降の巻き返しがあるのかが注目だ。

伊藤みき

徐々にいい時の状態に戻している印象の伊藤みき。世界選手権表彰台&W杯初優勝の`13シーズンのレベルまで持っていけるか?

日本勢は、昨季の怪我から復活の遠藤尚(忍建設スキー部)がさっそくスーパーファイナル進出。5位入賞。再び世界のトップシーンに戻ってきた。2年連続でシーズン途中の怪我だったが、今季こそフルシーズン出場すれば、大きな結果を獲得できるに違いない。
原大智(チームジョックス)も9位のスタートとなった。全戦決勝進出を果たし、一桁順位連発だった昨季の安定感は、今季も発揮されそうだ。十代最後で始まる今シーズンに表彰台まで期待したい。

女子では伊藤みき(北野建設スキー部)が12位発進。昨シーズン怪我からの復帰を果たしたが、今シーズンは上位進出への望みが持てる。村田愛里咲(行学学園)が`14シーズン以来のW杯復帰となった点も、今後楽しみだ。

Bravoski(ブラボースキー)

2021年に創刊40周年を迎える双葉社発刊のスキー専門誌。‘90年代中盤からフリースタイルスキーに着目し、‘98年長野五輪・モーグル種目で里谷多英、上村愛子らが活躍してモーグルが一大ブームとなる。現在ではフリースタイルスキー(パウダー、パーク、モーグル)の専門誌として年間3冊発刊している。ウェブマガジンSTEEPではスキー・スノーボードの様々な情報を毎日更新中。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
スキーを応援しよう!

スキーの放送・配信ページへ