人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

スキー コラム 2016年12月9日

ヨーロッパの冬が始まる ヴァル・ディゼールGSは 好調フランスチームとヒルシャーの激突か

アルペンスキー・ワールドカップ(白いサーカス)転戦記 by 田草川 嘉雄
  • Line
トップ3

セルデンGS開幕戦のトップ3。1位アレクシー・パントュロー、2位マルセル・ヒルシャー、」3位フェリックス・ノイロイター(ドイツ)

先週末は、男子の3レースがビーヴァー・クリーク(アメリカ)で予定されていた。
本来ならば『America's Winter Opening』として、北米に本格的な冬の訪れを告げる大会だったのだが、残念ながら雪不足のために中止。男子ジャイアント・スラローム第2戦、ダウンヒル第1戦、スーパーG第1戦はいずれもヴァル・ディゼール(フランス)での代替開催となった。
ヴァル・ディゼールはその翌週(つまり今週末)にも男子技術系2レース、さらに次の週に女子の高速系レースが行なわれることになっており、3週連続のワールドカップ開催。さながらミニ世界選手権ともいうべき賑わいを見せるはずだ。
10月23日にセルデン(オーストリア)でジャイアント・スラロームが、11月13日にはレヴィ(フィンランド)でスラロームが開幕した2016/17シーズンのアルペンスキー・ワールドカップだが、このヴァル・ディゼールではダウンヒルとスーパーGも開幕。高速系のスペシャリストにとっては、待ちに待った初レースだけに、いきなりの好勝負が展開された。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
スキーを応援しよう!

スキーの放送・配信ページへ