人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

スキー コラム 2016年11月15日

『その名もリアル・レジェンド』 スキージャンプFIS W杯 16/17シーズンプレビュー

鳥人たちの賛歌 W杯スキージャンプ by 岩瀬 孝文
  • Line
いよいよ伸び盛りを迎えた作山憲斗(北野建設)

いよいよ伸び盛りを迎えた作山憲斗(北野建設)

また、日本のスキーファンが、大倉山にこぞって観戦に訪れる札幌W杯は雪まつりの2月11日(土)と12日(日)。同時期には渡部暁斗・善斗兄弟(北野建設)に、新鋭の渡部剛弘(わたなべたけひろ ガリウムSC)などが出場するノルディック複合W杯も開催だ。
その直後には15日(水)と16日(木)にジャンプ男女W杯の平昌プレ五輪も行われる。そこではあの吹きさらしの台の荒れた風をしっかりと捉えることが命題となってきそうだ。

今シーズンは、マテリアルチェンジもあでやかにカラフルなスキーが登場してきた。
スキーはいつものイエローベースのフィッシャー、青いフリューゲからオレンジ&グレイのヴェリボックス、有名スポーツショップのレッドなSPORTS2000、緑のエランがなくなりホワイトなスラットラーなどだ。
序盤戦は、それら各選手のスキーとの相性などをじっくりと分析したい。

この冬は、五輪への前哨戦。W杯個人戦もさることながら団体戦も要チェックだ。
画面にくぎ付け、心を込めて応援しよう!

岩瀬 孝文

岩瀬 孝文

ノルディックスキージャンプの取材撮影は28年以上、冬季五輪は連続5回、世界選手権は連続12回の現地入り取材。スキー月刊誌編集長を経て、2007札幌世界選手権では組織委員会でメディアフォトコーディネーターを務めた。 シーズンに数度J SPORTS FIS W杯スキージャンプに解説者として登場。『冬はスキー夏は野球』という雪国のアスリートモードにあり、甲子園の高校野球や大学野球をつぶさに現場取材にあたっている。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
スキーを応援しよう!

スキーの放送・配信ページへ