人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

スキー コラム 2016年1月7日

巨大なラージヒルに鋭くアタック!スキージャンプFISワールドカップ/ビリンゲン・プレビュー

鳥人たちの賛歌 W杯スキージャンプ by 岩瀬 孝文
  • Line

日本選手では、葛西紀明選手(土屋ホーム)が12月のエンゲルベルグ(スイス)で勇躍の3位表彰台から抜群の勢いを持ってジャンプ週間に突入、コンスタントにひとけた入りを繰り返しオーベル5位、ガル・パルは12位、インス7位とビショフ9位に入り、個人総合で第7位、W杯個人総合では現在9位で予選免除となるシードをキープしている。

ここにきて上昇機運が高いのは伊東大貴選手(雪印メグミルク)だ。当初の欧州遠征で、いくらか体調を崩し気味にあったが、それが回復するにつれアプローチでの集中力と空中の安定がみられるようになり飛距離が伸びてきた。それによりジャンプ週間において、ガル・パル10位とインス8位に食い込む健闘となった。
ともに迎える1月後半の札幌W杯では魅惑の表彰台となりそう。そのもの限りなくそう願いたい。

精鋭JPNは、ドイツのビリンゲンW杯をキャンセルして9日、10日、11日に札幌で開催される国内主要試合へ出場することになった。ジャンプ週間で、調子の波に乗れずにいた竹内択(北野建設)はここでじっくりと調整にあたる。
再び欧州へはフライング世界選手権のクルム=タウプリッツ、バドミッテンドルフ(オーストリア)からの出場となる。
ここはビショフスフホーフェンから東に進み、アルペンW杯で名高いシュラドミングを越えて、左方向へカットインした谷間に聳えたつ名門フライングシャンツェで、かつて葛西紀明が優勝している。それも現在はアイストラックの助走路となり、いくらかアプローチの形状も変わってきているが、いい風次第で表彰台の中央は可能だ。
日本チームは、この葛西をリーダーに作山憲斗(北野建設)のふたりを送り込む。さらに続くポーランドのザコパネW杯には、幾人もの若手メンバーを積極的に起用する予定だ。

であれば、とことん夢を持って応援していこう、そしてこの先に組まれるW杯、チームの実力とテクニックを問われるジャンプ団体戦は、限りなく日本らしさのまとまりの良さを見せて表彰台に昇りたい。

岩瀬 孝文

岩瀬 孝文

ノルディックスキージャンプの取材撮影は28年以上、冬季五輪は連続5回、世界選手権は連続12回の現地入り取材。スキー月刊誌編集長を経て、2007札幌世界選手権では組織委員会でメディアフォトコーディネーターを務めた。 シーズンに数度J SPORTS FIS W杯スキージャンプに解説者として登場。『冬はスキー夏は野球』という雪国のアスリートモードにあり、甲子園の高校野球や大学野球をつぶさに現場取材にあたっている。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
スキーを応援しよう!

スキーの放送・配信ページへ