人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

スキー コラム 2015年10月19日

【アルペンスキー FIS ワールドカップ 15/16を展望する】総合5連覇に挑むM・ヒルシャー 最強ライバルのノイロイター、久々復帰のスヴィンダールにも注目

アルペンスキー・ワールドカップ(白いサーカス)転戦記 by 田草川 嘉雄
  • Line

日本チームでは、エース湯浅直樹がどこまで復調できるかがポイントだろう。昨シーズンは、マドンナ・ディ・カンピリオでの14位、シュラドミングでの16位が目立つ程度。秋に腰を痛め、その影響で最後まで本来の滑りができなかったが、今季は順調に調整が進み、腰の状態も悪くない。昨年のこの時期と比べるとコンディションははるかに良いということなので、今季の彼には期待できそうだ。ただし、膝や足首など身体のあちらこちらに古傷を抱えるだけに、けっして楽な戦いではない。それでも不屈の闘志で勝利をめざす湯浅直樹の活躍を祈りたい。

昨年のレヴィでワールドカップデビューを飾った成田秀将は、今季から本格参戦をスタートする。ファーイーストカップの総合&GSチャンピオン、そして全日本選手権覇者という立場での挑戦だ。現時点でどこまでやれるかは未知数だが、その意欲と闘志は相当なもの。失敗を恐れず、その失敗を糧にしながら、着実に階段を登って行ってほしい。

田草川嘉雄

田草川 嘉雄

白いサーカスと呼ばれるアルペンスキー・ワールドカップを25年以上に渡って取材するライター&カメラマン。夢は日本選手が優勝するシーンをこの目で見届けること。
≫Twitter@ReplaySkiRacing ≫ReplaySkiRacing

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
スキーを応援しよう!

スキーの放送・配信ページへ