人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

スキー コラム 2015年4月1日

驚異的な集中力。土壇場でヒルシャーがタイトル獲得 アルペンスキーW杯シーズンレビュー

アルペンスキー・ワールドカップ(白いサーカス)転戦記 by 田草川 嘉雄
  • Line

2014/15シーズンも、総合優勝はマルセル・ヒルシャー(オーストリア)の手に渡った。これで4連覇を達成。女子ではアンネマリー・モザー・プレル(オーストリア)の5年連続総合優勝という大記録があるが(1970/71~1974/75)、男子では初の快挙である。ヒルシャーはジャイアント・スラロームとスラロームの種目別優勝も果たし、大小3つのクリスタル・グローブを獲得した。だが、どれもけっして楽に勝ち取った王座ではなく、とくにスラロームの種目別タイトルを巡っては、最後までフェリックス・ノイロイター(ドイツ)との激しい争いとなった。

メリベルで行なわれたワールドカップ・ファイナル。スラローム最終戦はその最後を飾るレースだったが、ふたりの決着は、最後の最後までもつれ込んだのだ。 このレースが始まる前の段階でリードしていたのはノイロイターで、それを55点差でヒルシャーが追うという展開だった。この時点では、ノイロイターが圧倒的に有利。仮にノイロイターが4位に入ったとすると、ヒルシャーは優勝しても総得点で及ばない。そして今季の実績から言ってノイロイターが5位以下に下がることは、ほとんど考えにくいことだった。今季のノイロイターは、第1戦から第8戦まで、途中棄権に終わったアデルボーデンを除いてすべて表彰台に立っている。優勝も2回あって抜群の安定感を誇っていたのだ。
しかしアルペンスキーでは、とりわけスラロームでは何が起こるかわからない。ノイロイターは1本目の終盤、ゴールまであとわずかということろで突然バランスを乱した。辛うじてコースアウトはまぬがれたものの、ここで失ったものはあまりに大きかった。もがくようにしてゴールに飛び込んだが、ベストタイムのステファノ・グロス(イタリア)に1秒74もの大差をつけられ14位。中間タイムでは2位につけていただけに、悔やんでも悔やみきれないミスだった。対するヒルシャーは、100分の8秒差の3位。形勢はヒルシャー有利に大きく傾いた。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
スキーを応援しよう!

スキーの放送・配信ページへ