人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

スキー コラム 2011年2月24日

【アルペンスキーW杯転戦記】 バンスコ

アルペンスキー・ワールドカップ(白いサーカス)転戦記 by 田草川 嘉雄
  • Line

湯浅直樹の6位入賞で盛り上がったアルペンスキー世界選手権。2週間あまりの大会期間中は中断していたワールドカップが、今週末から再開される。舞台となるのはブルガリアのバンスコ。26日(土)にスーパー・コンバインド(スーパーG+スラローム1本)、そして27(日)にスラロームというスケジュールだ。

ブルガリアというと、一般的にはアルペンスキーとはあまり縁のない国というイメージが強い。70年代後半に活躍し、ワールドカップでも1勝したことのあるペーター・ポパンゲロフという名スラローマーを輩出しているものの、実際、このスポーツにおいてはどちらかというとアウトサイダーの存在だった。ワールドカップ開催回数は今季を含めてもわずか4回。バンスコとしてはこれが2度目のワールドカップとなるが、2009年の前回大会は女子のダウンヒルとスーパーGだった。

したがって、多くの選手にとって初めて訪れる会場となるわけだが、そのスケール・設備ともにアルプスのスキー場と比べても、けっして遜色はない。標高はゴール地点で1610mとかなり高く、最近1週間は冷え込んでおりコンディション的には問題なさそうだ。FISによるスノーコントロール(事前のコンディション査察)も余裕でパスしており、この週末は充実したレースが展開されるに違いない。

昨年1月にはこのバンスコで、ヨーロッパカップのスラローム2連戦が行なわれている。優勝したのは2レースとも湯浅直樹。バンクーバー五輪の代表からもれた直後の、失意のなかでのレースだったが、僅差の戦いを堂々と競り勝った。昨シーズンの彼はこの勝利でふたたび自信を取り戻し、シュラドミングでの8位入賞につなげている。今季は、世界選手権6位という堂々たる実績を引っさげてのバンスコ入り。彼自身、当然さらに上を狙っていくだろうし、ファンとしてもおおいにそれを期待したい。

【写真左】 シュラドミング10位、世界選手権6位と調子を上げてきた湯浅直樹。昨年のヨーロッパカップで2連勝したバンスコのコースで一気に表彰台に登りたいところだ
【写真右】 苦しい戦いが続く佐々木明だが、まだまだ闘志は失っていない。最終戦出場に向けて残り2レースに全力で立ち向かう

さて、ワールドカップもいよいよ終盤。男子スラロームはバンスコを含め残り3レースだ。ただし最終戦への出場権があるのはワールドカップ・ポイントでの種目別ランキング25位以内の選手のみ。日本チームにとってはこの条件をクリアすることが当面の目標となるだろう。世界選手権での活躍でWCSL(ワールドカップ・スタートリスト)では23位に浮上した湯浅も、種目別ランキングでは28位。最終戦への切符を手に入れるためにも、上位入賞が必要となる。

一方の佐々木明は種目別ランキングは43位。残り2戦で25以内に浮上するたのは、かなり厳しい状況に追い込まれている。ランキングは他の選手の成績との関係で流動的だが、2レースとも少なくとも一桁の順位をとらないと、佐々木の最終戦出場は不可能だろう。2本目途中棄権という不本意な成績に終わった世界選手権での悔しさを晴らすためにも、彼の爆発を望みたい。

総合得点争いでは、イヴィッツァ・コスタリッチがほぼ独走中。2位ディディエ・クーシュとは500点以上の大差がついており、よほどのことがない限り逆転は考えにくい状況だ。コスタリッチは「世界選手権のタイトルよりも、自分にとってはワールドカップの総合優勝が重要」と公言し、世界選手権ではダウンヒルとスーパー・コンバインドを欠場。スーパーGでは3位となったものの、ジャイアント・スラローム、スラロームではそれぞれ13位、8位とあまり目立った成績ではなかった。はたして、これがワールドカップの終盤戦に集中するための“死んだふり”なのか、それとも1月期のすさまじい快進撃の反動からくる停滞なのか興味深い。とくにスラロームでは、ジャン・バティスタ・グランジェが世界選手権で優勝し、全盛期の強さを取り戻して来ているだけにタイトル争いも俄然緊迫。その意味でも、バンスコのレースはスラロームのクリスタル・トロフィーの行方を左右する重要な戦いとなるだろう。

【写真左】 ワールドカップ総合で独走するイヴィッツァ・コスタリッチ。世界選手権での停滞は“死んだふり”だったのか?
【写真右】 世界選手権のスラローム優勝したのは、一昨シーズンのスラローム・チャンピオン、ジャン・バティスタ・グランジェ。種目別タイトルの奪還に燃える

田草川嘉雄

田草川 嘉雄

白いサーカスと呼ばれるアルペンスキー・ワールドカップを25年以上に渡って取材するライター&カメラマン。夢は日本選手が優勝するシーンをこの目で見届けること。
[email protected] ≫ReplaySkiRacing

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
スキーを応援しよう!

スキーの放送・配信ページへ