人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2021年4月1日

【レビュー:ISU世界フィギュアスケート選手権2021 女子シングル】 ロシアが4回転と3A武器に表彰台を独占 日本は五輪3枠を奪還

フィギュアスケートレポート by 野口 美恵
  • Line

日本の最高位は坂本だった。今季はNHK杯でパーフェクトの演技をみせて初優勝。大技はなくとも、ジャンプのダイナミックさで得点を稼げる選手へと成長してきた。ところがショートではルッツジャンプでエッジエラーの判定をさせるなど点を落とし、6位発進。フリーもルッツでエラー判定があるなど、いつもの勢いが出し切れず、総合207.80点で6位となった。
「今季はショートでも3回転ルッツを入れる挑戦をしてきたのですが、エラーを取られると影響が大きいのを痛感しました。また練習し直したいです」

また宮原にとっては、来季への課題を持ち帰る一戦となった。ここ数年「自分に自信を持つこと」をテーマに、カナダや米国で独り暮らしをし、自己改革に努めてきた。しかしショートはミスが重なり、16位発進。フリーも5本のミスがあり、総合172.30点で19位と、順位を落とした。
「技術的には話にならない演技でした。フリーでは、ショートよりは冷静になり自分と向き合えたけれど、行動には結びつきませんでした。もっと自信を持てるようメンタル面をトレーニングしていきたいです」

また米国女王のブレイディ・テネルは、現地入り後にスケート靴が壊れるというトラブルがあり、9位に。一方、ここ2年怪我に苦しんできたカレン・チェン(米国)は好演技で4位と復活を見せ、来季の五輪代争レースが熾烈なものになることを予感させた。

来季はいよいよ北京五輪シーズン。それぞれが宿題を持ち帰る一戦となった。

文:野口美恵

野口 美恵

元毎日新聞記者。自身のフィギュアスケート経験を生かし、ルールや技術、選手心理に詳しい記事を執筆している。日本オリンピック委員会広報としてバンクーバーオリンピックに帯同。ソチ、平昌オリンピックを取材した。主な著書に『羽生結弦 王者のメソッド』『チームブライアン』シリーズ、『伊藤みどりトリプルアクセルの先へ』など。自身はアダルトスケーターとして樋口豊氏に師事。11年国際アダルト競技会ブロンズⅠ部門優勝、20年冬季マスターゲームズ・シルバー部門11位。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
フィギュア スケートを応援しよう!

フィギュア スケートの放送・配信ページへ