人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2020年2月21日

第40回全国中学校スケート大会 フィギュア競技【女子シングル】レビュー

フィギュアスケートレポート by 中村康一(Image Works)
  • Line

3位 横井きな結

3位に入賞したのは横井きな結。今回、得意とするトリプルアクセルは残念ながら転倒してしまったが、それ以外の部分で崩れることなくまとめられるようになったのは大きな成長だ。

「最終滑走という大役で、緊張したんですけど、いい経験になりました。自分がここまで行けるとは信じられなかったし、結果が出せずに自信を失っていたんですけど、ショートで良い演技ができて、自分はできるんだな、という自信を取り戻せたし、素晴らしい結果をいただけて嬉しいです」。

目を潤ませながら取材に答えてくれた。今季、トリプルアクセルという武器をほぼ手中に収めるまでに至りながら、演技全体をまとめられずに苦戦することが多かった。最後の出場となる全国中学校大会で、ようやく表彰台という結果を出せたのだ。

「中学校3年間、色んなことがあったんですけど、ここに来ていい結果が出せて嬉しいです。もうすぐ高校生になるんですが、今の演技ではまだ子供っぽいと思うので、大人っぽい演技ができるようになりたいです。来季はジュニアグランプリ、全日本選手権に出られるように、一つ一つの試合を大事にしたいです」。

トリプルアクセルには今後も挑み続けるという。武器となるジャンプを更に磨いて、来季の活躍につなげてほしいものだ。

4位 吉田陽菜

4位に入賞したのは吉田陽菜。昨年は怪我の影響で、全国中学校大会に出場することができなかった。2年生にして初出場だ。

「ジャンプではたくさんミスが出て悔しいんですけど、思ったよりも点数が出ました。120点を出せるように頑張りたいです。表彰台を目指していたので悔しいんですけど、来年頑張りたいです」。

彼女の代名詞となりつつあるトリプルアクセル。今季は果敢に挑み続けたが、試合での成功率は5割に少し届かなかった。まだ安定しているとは言えない。

「トリプルアクセルはタイミングが合わないと跳べない、難しいジャンプだと感じていますけど、早く他のジャンプと同じように、簡単と思えるジャンプにしたいです」。

来季の課題として、トリプルアクセルの確率を上げること、スケーティングで点数が出るようにすること、さらには4回転ジャンプの習得も挙げた。

「4回転はまだ全然試合に入れられるどころじゃなくて、トウループを練習しているんですけど、降りられる感じはまだないです。少しずつ成功に近づけるようにしたいです」。

昨年はジュニアグランプリの選考会に呼ばれなかったが、今年は5月の選考会でアピールを目指すこととなる。ジュニアグランプリデビューを果たし、世界を驚かせる演技を是非見せてもらいたい。
文:写真 by 中村康一(Image Works)
代替画像

中村康一(Image Works)

フィギュアスケートを中心に活躍するスポーツフォトグラファー。日本全国の大会を飛び回り、選手の最高の瞬間を撮影するために、日夜シャッターを押し続ける。Image Works代表。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
フィギュア スケートを応援しよう!

フィギュア スケートの放送・配信ページへ