人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2020年1月24日

全米フィギュアスケート選手権2020 アイスダンスのみどころ

フィギュアスケートレポート by ウェイ・ション
  • Line

先月に行われたグランプリ・ファイナルのアイスダンスの試合で、マディソン・チョック/エヴァン・ベイツ組とマディソン・ハッベル/ザカリー・ダナヒュー組がそれぞれ2位と3位に入賞し、アメリカ勢の実力を示した。今年の全米選手権も去年に続き、この2組による一騎討ちになるであろう。


シーズンベストが僅差で優位に立ち、先月の直接対戦で勝ったのは、チョック/ベイツ組。7年連続全米選手権の表彰台に登ったほどの実力者だが、ファイナルのメダルを手に入れたのはなんと4年ぶりだ。そんな「復活」の鍵となったのは、今シーズンの素敵なプログラムではないだろうか。技術力が優れてカリスマ性もある二人だが、今まで滑っていたプログラムは印象に残る「代表作」が少なく、一時期演技構成点が伸び悩んだが、今シーズンのフリーダンス「Egyptian Snake Dance」はまさに彼らにぴったりなものだ。本人たちによると、この曲は2人がオフシーズンの旅行中に見つけたもので、「パワフルでありながらも神秘的で、今まで滑っていたものと全く違う」そうで、曲を聞いたマリー=フランス・デュブレイユコーチに「1人の旅人が蛇に出会った」とストーリーを考えてもらい、振り付けてもらったという。プログラムを見ると、ミステリアスな雰囲気が濃厚で、ときに色気も感じ、チョックのエキゾチックで妖艶な魅力を最大限に引き出した「武器」になったと強く思った。その結果、今シーズンの各大会で観客から大喝采をもらい、ジャッジたちにも高い演技構成点をつけてもらった。今大会で勢いに乗り、2つのプログラムをきれいに滑れば、5年ぶりに全米王者の座に就くのも不可能ではない。

J SPORTS 番組情報

もちろん、同じくモントリオールで一緒にデュブレイユ/ローゾン夫妻に師事するハッベル/ダナヒュー組が全力でタイトルを守ろうとする。筆者から見て、この組の最大の武器は、精度が極めて高い技術力と大きなミスをしない安定感だ。そのため、小さなミスでも大きな減点になりがちなリズムダンスにおいて、今まで通り実力を発揮できれば、優位に立つ可能性が高い。一方、2人のフリーダンスに関しては、しっとりとしたバラード曲のイメージが強いが、今シーズンはあえて映画「アリー/スター誕生」のサウンドトラックに挑戦することにした。「コーチに『あなたたちにいつもバラードだけをやってもらいたくないわ。サザン・ロックのこの曲も試してみて、絶対うまく演じられると思う』と言われ、やるなら今年しかできないと思ったので、やってみたけど、意外と私たちのスタイルに合っているんだよ」とハッベルが語ってくれたように、このプログラムは確かにいいサプライズとなった。全米の会場で、アメリカの観客におなじみのヒット曲をもし完璧に滑り、映画のストーリーを感情たっぷりと演出できれば、きっと大歓声が沸き起こるであろう。となると、目標としていた全米選手権3連覇も果たせるであろう。


金メダル争いはもちろん、表彰台をめぐる戦いにもぜひ注目したい。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
フィギュア スケートを応援しよう!

フィギュア スケートの放送・配信ページへ