人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2019年12月25日

【プレビュー:ロシアフィギュアスケート選手権2020 アイスダンス】アイスダンス大国ロシア復活への狼煙。ヴィクトリア・シニツィナ「手を繋いだ瞬間に、ひとつになれた」

フィギュアスケートレポート by J SPORTS 編集部
  • Line

ロシアナショナルの注目はシニツィナ/カツァラポフ組とステパノワ/ブキン組の頂上決戦だけではない。今年は特に3位争いも見逃せない。なにしろロシアはアイスダンスで、5年ぶりに、世界選手権3枠を取り戻したのだ!

3番手候補の筆頭は、単純に考えれば、五輪出場経験を持つティファニー・ザゴルスキー/ジョナサン・ゲレイロ組だろうか。RDでは3位と好発進ながらも、FDでゲレイロの靴紐が切れるという不幸なアクシデントのせいで7位に泣いた昨季ナショナルの雪辱を、絶対に果たしたいところ。もちろん入れ替わりで表彰台に上ったソフィヤ・エフドキモワ/エゴール・バジン組だって、3番目の場所を譲るつもりなどないはずだ。

2年前のジュニアGPファイナル&ジュニアワールド金メダリストのアナスタシア・スコプツォワ/キリル・アリョーシン組、1年前のジュニアGPファイナル王者&ジュニアワールド銀のソフィア・シェフチェンコ/イーゴリ・エリョーメンコ組という若いカップルも、先輩たちに負けない高いポテンシャルを誇る。

大会直前の12月23日、残念なニュースも飛び込んできた。2年連続でロシアナショナル4位につけ、今年こそメダル獲得が期待されたベティナ・ポポワ/セルゲイ・モズゴフ組が、男性側の故障で棄権を発表したのだ。回復を願いつつ、独特すぎる楽しいプログラムが再び見られる日を、首を長くして待ちたい。

文:J SPORTS 編集部

J SPORTS編集部

J SPORTS 編集部

 

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
フィギュア スケートを応援しよう!

フィギュア スケートの放送・配信ページへ