人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2019年2月18日

第39回全国中学校スケート大会(全中)男子シングルレビュー

フィギュアスケートレポート by 中村康一(Image Works)
  • Line

3位 三浦佳生

3位_三浦佳生

3位_三浦佳生

ショートプログラムはジャンプのミスが響いた演技となってしまった。転倒はなかったのだが、ステップアウトなど着氷で減点されたジャンプが多かったのが残念だ。ただ話を聞くと、1週間前の練習中、リンクのフェンスに頭部を強打し、8針縫う怪我を負ったのだという。そのためあまり練習できずに試合に臨んだようで、その割には良くできた、との感想を語ってくれた。十分な練習ができていないため、フリーでは4回転は1種類、トウループのみにする予定とのこと。万全の状態ではないのだが、精一杯の演技を期待したい。

そして迎えたフリーで、彼は4回転ジャンプを降りることができた。中学1年生での成功は快挙だ。 「細かなミスが出てしまったんですが、4回転を降りられて、PCSもいつもよりも出ていて良かったです。緊張はしたんですが、自分なりに堂々と演技できたかなと思います。来年こそいい演技をしたいと思います。来年は自分が引っ張っていきたい」。

今シーズン序盤から4回転に挑戦してきたが、スタミナなどの問題からなかなか結果につながらなかったが、ジムに通って体力作りの努力をしてきたことがこの試合に結実した形だ。ただ、臨戦過程としては全く順調さを欠いていた。1週間前の怪我だけではなく、フリー当日の朝の公式練習では靴の足首に巻くビニールテープを忘れ、公式練習で一切ジャンプを跳ぶことができなかった。ジャンプを跳ばない彼の練習を見ていて故障かと心配したのだが、全く予想外の理由だった。 「焦りましたね。毎試合、笑いを提供してます」。 と屈託なく笑うが、来季こそは完璧な準備をして試合に臨んでもらいたいものだ。

4位 吉岡希

4位_吉岡希

4位_吉岡希

ショートプログラムでは自己ベストをマーク。初めての60点台を出せたことを喜んでいた。昨年12月から林コーチのチームに移り、田中刑事、山隈太一朗らとともに練習しているという。それ以来練習時間が増え、特に以前はあまり練習していなかったスピンを熱心に練習するようになったのだそうだ。移籍してからまだ日は浅いのだが、「アクセルが安定してきました」と早速その効果を実感しているようだ。

迎えたフリー、「ミスも多かったので、悔いの残る演技でした」と反省していたが、4回転トウループの失敗の後もスタミナが切れることなく、立て直して3アクセルを成功させたことは見事だった。「今のチームに移ってから曲かけ練習が多く、普段の練習からスタミナを鍛えられてます」と話してくれた。来季の目標は4回転トウループを安定させることだという。試合での成功を楽しみに待ちたい。

5位 中村俊介

5位_中村俊介

5位_中村俊介

ショートプログラムでは今季取り組んできた3ルッツ+3トウループを、着氷が乱れながらも成功させ、出来栄えにはほぼ満足した演技だったようだ。「昨日、久し振りに降りられて、手応えがあったので挑戦しました」とのこと。夏以来調子の悪かったこのコンビネーションジャンプだが、全中直前に調子が戻り、試合で成功させられたことを喜んでいた。57点というスコアについては、「もう少し出てほしかった」と率直な感情を吐露していたが、明日のフリーで更に点数を伸ばすことを誓っていた。「総合で170点欲しい。4位を目指しています」とのこと。新プログラム、“火の鳥”も素敵だった。町田樹さんの演技を参考にしているのだそうだ。 フリー演技を終えた時には「ノーミスだ、やった!」と思ったそうだが、その後、コーチから「ダブルトウループ何回跳んだ?」と言われて、ダブルトウループを3回跳ぶミスを犯していたことに気づいたのだそうだ。現在のルールでは余分に跳んだジャンプのみがキックアウトされるので、さほど大きな減点になっているわけではないのだが、今後に向けての反省材料となった。今回、初めて参加した全国中学校大会で、他の選手から得た刺激は大きかったようだ。 「今は中学1年生でも3アクセル、4回転を跳んでいるので、自分も挑戦していきたい」。 そしてこう続けた。 「同学年に強敵がいるので頑張りたい。めちゃくちゃ気になります(笑)」。 そう、三浦佳生選手のことだ。同学年で既に4回転ジャンプを降りるライバルを強烈に意識していた。今回の1位、2位はともに3年生。彼らが全中を卒業した後は、中村選手と三浦選手がこの世代を引っ張っていくことになる。 「来季はまずジャンプの種類を増やしたい。点数も上げていきたい」。 来季からジュニアに上がるため、当然ジュニアグランプリも目標になると思うのだが、 「3アクセルが跳べないと選考会に呼ばれないのと思うので、頑張っていきたい」。 と謙虚なコメントを聞かせてくれた。課題の3アクセル、今はまだ練習でも跳べていないというが、来季は試合で是非披露してもらいたい。
  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
フィギュア スケートを応援しよう!

フィギュア スケートの放送・配信ページへ