人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2018年11月28日

【フィギュアスケーターのオアシス♪KENJIの部屋】小松原美里&ティム・コレト 前編

フィギュアスケートレポート by J SPORTS 編集部
  • Line

アイスダンスに転向するきっかけ

——みんなに訊いてんねんけども、初めてダブルアクセルを跳んだのはいつですか?

小松原:私は、えっと、12歳でした。だから、中1?

——結構遅いほう?そうでもない?

小松原:(スケートを)始めたのがまず遅かったので。

——いつ始めたん?

小松原:9歳です。小3~4ぐらい。遅いですよね。

——そうやんね。結構みんな、5歳とか、そんなんやもんね。ティムさんは?

コレト:15歳。

——15歳?結構遅いね

コレト:お~そ~い~(笑)。

——お~そ~い~わけではないけど(笑)。シングルからアイスダンスに変わったのはなぜ?

コレト:4回転とか3回転半とかに挑戦していたのですが、何度か怪我をしてしまいました。その頃にはみんな4回転とか既にできるようになっていて、すごくつらかったです。その後ダンスに転向するチャンスが訪れて、2週間試してすぐに気に入りました。

——決めたきっかけは、やっぱり楽しかったの?

コレト:本当に気に入っています。曲も動きも大好きです。シングルより時間に余裕があります。

——ていうか、通訳なしでほんまに全部わかるんやね。すごいね

小松原:がんばれ~(笑)。

——美里ちゃんもシングルやってたやん?アイスダンスに変わるきっかけっていうのは何やったの?

小松原:私も怪我をしていたし、まわりの子がほんとどんどん上手くなっていて、「このままやっててもな~」ってちょっとモヤモヤしていたときに、私もお試しする機会があって、すぐハマりました。

——すぐハマったんだ。おもしろかったんやね

小松原:おもしろかったです。スケーティングが元から好きだったので。

——滑るの上手かったもんね。踊るのも上手かったもんね

小松原:ありがとうございます。

  • Line

12月に町田樹のエピソードを放送!オンデマンド配信も!

【町田樹 前編】12月11日(火)午後10:00 -
【町田樹 後編】12月18日(火)午後10:00 -

フィギュアスケーターのオアシス♪ KENJIの部屋
フィギュアスケートを”文化”にまで昇華したいと真摯に語る町田さんは、宮本さんからの「フィギュアスケーターにとって最も必要な素質は?」という質問に対して、「技術を磨き続けることのできる職人気質、あくなき探求心とともに、表現力を磨くための知的感性、そして一発勝負に臨む勝負師としての心構え」と答え、宮本さんと熱いフィギュアスケート論を交わします。

詳しくはこちら

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
フィギュア スケートを応援しよう!

フィギュア スケートの放送・配信ページへ