人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2018年11月21日

【フィギュアスケーターのオアシス♪KENJIの部屋】三宅星南 後編

フィギュアスケートレポート by J SPORTS 編集部
  • Line

——全日本や国際大会とかでもどんどん(高得点を)出していけたらいいよね。じゃあ逆に、一番悔しかった大会っていうのは?

三宅:世界ジュニアですかね。

——世界ジュニア。なんで?

三宅:やっぱりなんか情けないなっていうのがすごくあって。

——情けなくはないでしょ、別に(笑)

三宅:やっぱりそういう大きい舞台でちゃんとした演技ができないのは…。インターハイと国体でいい演技ができたのに、それを持っていけなかったのがほんとに悔しかったです。

——まあそれも経験となるからね。自分のスケートの一番の持ち味っていうのは、どんなとこやと思う?

三宅:スケーティングとか、褒めてもらうことが多いです。

——小さいころからよく滑ってたもんね

三宅:そうですか?

——うん。それこそ先生と「一蹴りがよく滑るからリンクが小さく見える」とかさ。「まだ小さいときなのによく滑るな~」ってみんな言ってたもんね

三宅:ありがとうございます(笑)。

——じゃ、苦手なのは?

三宅:スピンです。

——あ、スピン嫌いなん?そんな感じある?

三宅:スピンはいつもレベルも落としますし、練習するのが嫌いで。

——なんで?目が回るから?

三宅:ジャンプのほうが楽しいんで。スピンはなんか地味で、あんまり好きじゃない(笑)。

——スピンは地味じゃないよ(笑)。だってスピンは、練習したらしただけ上手くなるんやで?ジャンプはそのときの調子があるやん

三宅:って言われるんですけど、やっぱりジャンプのほうがおもしろいですね。

——スピンも練習せな。レベル落としてるんやろ?(笑)一番苦手なポジションってあるの?

三宅:ん~、キャメルですかね。

——あ~思い出した!キャメルの足換えで止まりそうやったもんね、ずっと。プログラム作るときに、何秒をスピンに使いたいかっていうので「1回やって」って言ってやってもらったら、毎回失敗してたもんね(笑)

三宅:はい、1回目は絶対失敗してましたね(笑)。

——そうやんね。で、もう焦って2回目もまた失敗(笑)。表現力とかは?今は得意なの?苦手なの?

三宅:すごく「頑張ろう」っていう気持ちにはなっています。

——でも、あるときから、アイスショーとかでも表情も出すようになったし、手の使い方もすごく強弱が効いてるし。どんどんやっていったらいいと思うよ

三宅:はい、頑張ります。

  • Line

フィギュアスケートファンの“もっと選手の素顔を知りたい!”という熱い想いに応えるべくスタートした、 J SPORTSの名物番組「フィギュアスケーターのオアシス♪ KENJIの部屋」。 11月は須本光希選手、三宅星南選手、小松原美里選手&ティモシー・コレト選手が登場予定です。

詳しくはこちら

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
フィギュア スケートを応援しよう!

フィギュア スケートの放送・配信ページへ