人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

スキー コラム 2018年3月20日

第9回『プラニツァ音頭も高らかに』

鳥人たちの賛歌 W杯スキージャンプ by 岩瀬 孝文
  • Line

フライングの祭典

その飛距離なんと200m超えのフライングジャンプともなれば、そこを訪れた観客は歓喜し、選手たちが打ち出す飛距離に一喜一憂していた。
日本からたくさんのファンが観戦に行っていた頃であれば、ある一定の飛距離を記録するとランディングバーンの隅に構えていた巨大なテレコムバード(鳥のぬいぐるみ)が、ぴょんぴょんと出てきて踊りまくる姿が見られた。そのときの曲が地元民謡『プラニツァ音頭』で、自然と呼びやすい愛称となり、いまでも日本のジャンプファンの間でそう言われている。

カミル・ストッフ

W杯個人総合優勝を決めたカミル・ストッフ(ポーランド)

ポーランドの強者ストッフがW杯個人総合優勝とRAW AIR総合優勝を決め、ヒゲに特徴ある地元ノルウェーのヨハンソンがW杯初優勝を飾ったビケルスンから一気に南下。スロベニア西部へ移動してのフライング最終戦シリーズは個人戦2試合と団体戦が1試合。
しかも今回から予選①、個人戦②③、団体戦④⑤、シーズンファイナル個人戦⑥⑦の順番で7本のトータルポイントで争われる『プラニツァ・セブン』が設定され、そこで毎試合の優勝とともに個人総合優勝までも決定づけられるイベント性の高いものとなった。

その日曜日のシーズンファイナル試合後にはW杯個人総合優勝と国別対抗などの表彰式が行なわれ、さらにはチームキャビンではシーズンのお疲れさま会ということで、各チームがお国自慢のお手製料理を持ち込んで、アットホームな雰囲気でビールパーティが行なわれる。そのときに日本チームからは、焼きそばが定番として紹介されている。
そこではドイツの肉系料理に人気があるようで、個人的にはフィンランドの焼きソーセージ、マッカラとビールがよくマッチしていると思うが、チームの元気のなさとオーストリア人コーチの退任で、そこまで張り切って披露できるかどうか気になるところ。かつて国別対抗で優勝し、あのクールなアホネンがいきなりの笑顔で大きなシャンパンを勧めてきたのが昨日のように思い出される。ジャンプ伝統国フィンランドの復活はいつのことになるのだろうか。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧